イルカは人と交流するとき「幸せ」を感じていることがわかる

animals_plants 2018/05/29

Point
・イルカは人間と交流するときに幸福感を得ていることが分かった
・実験では、3つのパターンでイルカの行動を観測して感情を調査
・イルカはスパイホップと呼ばれる行動で人との交流に期待感を示した

 

Applied Animal Behavior Scienceで発表された研究では、イルカは人間と交流するときにより幸福感を得ていることが分かりました。

実験では、3つのパターンでイルカの行動を観測し、その感情を調査。1つ目は、トレーナーがイルカと遊ぶ場合。2つ目は、プールにおもちゃを入れた場合。最後に、何もしない場合です。

イルカが期待を抱いているという感情を示すとき、垂直に体を持ち上げ、水面から顔だけ出すという行動をとります。これは“スカイホップ”と呼ばれています。この“スカイホップ”をもとに入るかの感情を調べた結果、全てのイルカが「人と交流すること」に最も期待を抱くことがわかりました。

研究チームのイザベル・クレッグ氏は、「イルカは野生の方が幸せでしょう。しかし、生まれたときから飼育環境にあるイルカはその環境の方が幸せだと私は思っています」と述べました。

 

via: BBC / translated & text by ヨッシー

 

関連記事

生物最大か?推定26m、先史時代の「海の怪物」魚竜の化石が見つかる

象は「鳴き声」で地面を振動させ6.4kmもの遠距離コミュニケーションをとれることが判明

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE