パキケファロサウルスは頭突きよりキックを多用した?
パキケファロサウルスは頭突きよりキックを多用した? / Credit: ja.wikipedia
paleontology
Helmet-headed dinosaurs kickboxed like kangaroos, new study suggests https://www.livescience.com/pachycephalosaur-dinosaurs-kickboxed-like-kangaroos

2022.11.12 Saturday

ヘルメット頭の恐竜はカンガルーのような「キックボクサー」だった!

白亜紀後期(約7000万〜6600万年前)に存在した「パキケファロサウルス(Pachycephalosaurus)」は、ヘルメット型の頑丈な頭骨を持つことで有名です。

それゆえ、彼らは現代のバイソンやオオツノジカのように、互いに激しく頭をぶつけ合って戦うことが長らくの定説となっていました。

しかし、すっかり定着したこのイメージは事実と大きくかけ離れているかもしれません。

米フロスト科学博物館(FMS)は最新研究で、パキケファロサウルスが頭突きに特化した骨格をしていなかったことを発見。

それよりもむしろ、尻尾をつっかえ棒にして、カンガルーのように強烈な蹴りを繰り出していた可能性が見つかりました。

彼らは頭突き専門のファイターではなく、キックボクサーだったのかもしれません。

本研究は11月2日にカナダ・トロントで開催された「古脊椎動物学会(Society of Vertebrate Paleontology)」の年次総会で発表されたもので、論文はまだ公開されていません。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ジャイアントインパクトの原因 「原始惑星テイア」は現在太平洋の下に埋もれている!?

頭突きではなくキックを攻撃手段にしていた?

パキケファロサウルスは一般にも名の知れた恐竜であり、テレビや映画で頭突きの再現シーンを見かけたことがあるかもしれません。

古生物学者らは何十年も前から「頭突きはメスや縄張り、食料資源をめぐって、ライバル同士が行ったものだろう」と考えてきました。

過去20年間で数人の研究者が頭突き説に異議を唱えましたが、今でもこの説は優位な位置を占めています。

というのも、丈夫な頭蓋骨は化石として残りやすいのですが、その他の骨格が状態よく保存されることがほとんどなく、他の部位について詳しい研究がされてこなかったのです。

こんな化石が見つかるなら、頭突き説が浮上するのも必然か
こんな化石が見つかるなら、頭突き説が浮上するのも必然か / Credit: ja.wikipedia

しかし本研究チームは、米西部にある白亜紀後期の地層「ヘル・クリーク累層(Hell Creek Formation)」から、保存状態のよい「パキケファロサウルス・ワイオミンゲンシス(Pachycephalosaurus wyomingensis)」の標本を入手することに成功しました。

これにより、その他の部位の解剖学的特徴を調べられるようになったのです。

チームは、レーザースキャナーでP. ワイオミンゲンシスの3Dモデルを作成した後、脊椎骨のユニークな形状に注目しました。

研究主任のカリー・ウッドラフ(Cary Woodruff)氏は「脊椎骨の先端がラッフル(ひだ飾り)状になっており、まるでポテトチップスを2つずつ並べたような形をしていた」と表現します。

また、左右2列に並んだこれらの先端は「湾曲したポテトチップスがきれいに重なり合うようにピッタリ一致した」と指摘します。

頭突き説に従うなら、このラッフル状の脊椎骨は、高速で激しい頭突きの衝撃を分散するのに役立っているのではないかと予想できます。

ところが、ビッグホーン(オオツノヒツジ)やジャコウウシ、バイソン、オオツノジカなど、現代の頭突き動物の骨格を調べてみても、ラッフル状の脊椎骨は存在しませんでした。

しかし驚くことに、これと同じ形状の脊椎骨をカンガルーが持っていたのです。

頭突きし合うバイソン
頭突きし合うバイソン / Credit: canva

この結果は「パキケファロサウルスがカンガルーのように尻尾を支柱として使っていた」という、1970年代に一度指摘されていた仮説を再び支持するものです。

カンガルーはご存知のように、丈夫な尻尾をつっかえ棒にして全身を支え、強烈な蹴りを繰り出します。

つまり、ラッフル状の脊椎骨がポテトチップスのように重なるのは、頭突きの衝撃の分散ではなく、尻尾で体を支える力を増幅するためだったと考えられるのです。

またP. ワイオミンゲンシスは、脊椎骨だけでなく骨盤や尻尾でもカンガルーと共通する特徴を持っていました。

尻尾を支柱にして蹴りを繰り出すカンガルー
尻尾を支柱にして蹴りを繰り出すカンガルー / Credit: canva

では、パキケファロサウルスは頭突きをまったくしなかったのでしょうか?

これについて、ウッドラフ氏は「高速で突進して激しく頭をぶつけ合うことはなかっただろう」と考えます。

頑丈な頭骨を持っていたので頭突きを使うことはあったでしょうが、脊椎骨が突進型の激しい頭突きに特化したものではないため、低速で押し合うようなものだったと予想されます。

「もし彼らが頭を使って戦うとしたら、それは”押し相撲”であって、決して”馬上槍試合”ではなかっただろう」とウッドラフ氏は指摘します。

よってパキケファロサウルスは、頭突きよりも蹴りを多用するタイプのファイターだったと考えるのが妥当のようです。

頭突きで対決する動物って脳とか大丈夫なの? 研究者「駄目みたいです」

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!