最適なスイングを即座に導き出すゴルフロボット
最適なスイングを即座に導き出すゴルフロボット / Credit:Annika Junker(Paderborn University)_Golf Robot Learns to Putt Like a Pro(IEEE Spectrum, 2022)
robot
Meet Golfi, the robot that plays putt-putt https://www.popsci.com/technology/robot-golf-neural-network-machine-learning/ Golf Robot Learns to Putt Like a Pro https://spectrum.ieee.org/golf-robot-putts-like-pro
Autonomous Golf Putting with Data-Driven and Physics-Based Methods https://arxiv.org/abs/2211.08081v1

2023.01.08 Sunday

AIが芝の条件を読んで60%の精度でパットを決めるゴルフロボット

ゴルフボールがグリーンに乗った後のパッティングは、誰もが息を飲む瞬間だと言えます。

パッティングを成功させるには、芝目や傾斜、距離感、適切なストロークなど、洗練された技術や積み重ねた経験が必要になってきます。

ドイツのパーダーボルン大学(Paderborn University)に所属するアンニカ・ユンカー氏ら研究チームは、60%の精度でパットを沈めることができるゴルフロボット「Golfi」を開発しました。

この新しい研究成果は、2022年11月15日付でプレプリントサーバ『arXiv』に公開されています。

また、2022年12月にイタリアで開催された国際会議「IEEE International Conference on Robotic Computing(IRC)」でも発表されました。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

「重いものと軽いものが同時に落ちるのはなぜ?」重力の不思議な性質を解説!

全自動ゴルフロボットは人間に勝てる?

ゴルフロボット自体はそこまで新しいものではありません。

実際2016年には、「ゴルフ・ラボラトリーズ」社の経営者であるジーン・パレンテ氏が開発したゴルフロボット「LDRIC」がホールインワンを達成しました。

LDRIC The Golf Robot – HD from The Golf Agency on Vimeo.

しかし、LDRICがそうであるように、これまでに登場したゴルフロボットは、ボールの前に設置され、正しいスイングをするよう人間がプログラムしなければいけませんでした。

自律的なロボットというよりも、人間の道具のような存在だったのです。

ゴルフロボット「Golfi」
ゴルフロボット「Golfi」 / Credit:Annika Junker(Paderborn University)_Golf Robot Learns to Putt Like a Pro(IEEE Spectrum, 2022)

対照的に、今回ユンカー氏によって発表された「Golfi」は搭載されたAIによって学習し、自律的にパッティングを決めることができます。

Golfiは、まず頭上に装備された3Dカメラを使用して2m2の人工芝をスキャンし、対象となるゴルフボールを発見できます。

その後ボールに近づき、ニューラルネットワーク・アルゴリズムを使用して、質量、速度、地面摩擦などの物理変数を考慮しながら、約3000パターンにも及ぶゴルフスイングの候補をすばやく分析

導き出された最適なスイングによってパッティングを実行します。

パットを決めるGolfe(動画は3倍速)
パットを決めるGolfe(動画は3倍速) / Credit:IEEE Spectrum(YouTube)_Golf Robot Learns to Putt Like a Pro(2022)

これにより、Golfiは10回のパッティングのうち、6~7回を成功させられるようになりました。

2m2グリーンの中心がホールなので、Golfiは1m未満のショートパッドで60%の精度をもっていることになります。

ちなみに同条件でプロは95%以上、アマチュアで80%の精度だと言われています。

まだまだ人間にはかないませんね。

しかもGolfiはケーブルで電源に接続されている必要があるため、現段階では屋外のゴルフ場につれていくことさえできません。

今のところGolfeは屋内限定
今のところGolfeは屋内限定 / Credit:Annika Junker(Paderborn University)_Golf Robot Learns to Putt Like a Pro(IEEE Spectrum, 2022)

では将来、ゴルフAI(を搭載したロボット)がパッティングで人間に勝つことはあるのでしょうか?

可能性は十分にあります。

高度な読み合いが必要とされるチェスでは、1997年にAIが人間に勝利。

そして2015年には将棋で、2016年には囲碁で、AIがトッププロに勝利してきました。

既にチェス・将棋・囲碁ではAIが人間に勝利している
既にチェス・将棋・囲碁ではAIが人間に勝利している / Credit:Canva

同様にゴルフAIが今後進化していけば、もしかしたらプロを打ち負かす事態が生じるかもしれません。

「まだ60%の精度」なのではなく、「既に60%の精度」とも言えるでしょう。

サッカーやバスケットボールなど、俊敏な動きを必要とする多くのスポーツでは、鈍重なロボットが活躍することはまだありません。

しかし今後、瞬発力を必要としないスポーツやゲームでは、人間がAIやロボットに勝てる分野はほとんどなくなっていくのかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

ロボットのニュースrobot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!