「墓地の中の図書館」が不気味な展示のオンパレードで雰囲気ばつぐん(ニューヨーク)

spot 2018/06/02

なんと墓地の中にある図書館が、ニューヨークに存在するようです。しかも墓の中だけあって、蔵書は暗い本、不気味な本ばかりとのこと。一体どんなところなのか、興味がひかれます。

Morbid Anatomy” はブルックリンのグリーンウッド墓地にある図書館。2017年に資金難に陥って閉館したこの図書館ですが、現在期間限定での「蘇り」をみせています。

グリーンウッド墓地。墓地自体がオシャレ

テーマは「生と死と再生」。エドガー・アラン・ポーの小説や医療書など、品揃えもバッチリです。

古びた本が雰囲気を醸し出す

図書館は博物館を兼ねており、むしろそちらに力を入れているようで「ヤバイ展示品」が数多くみられます。

なぜか日本の妖怪五体面のようなものも…

かなりヤバそうなこの図書館ですが、セミナー等も開かれており、「ヤバイもの」に好奇心をくすぐられた人たちをつなげるコミュニティの役割も果たしています。

またいつ死に、いつ蘇るかもわからないこの図書館。多くの人がその「ヤバイ魅力」に惹きつけられ、足を運んでいます。物好きな方はぜひお早めに。

 

via: Morbid Anatomy Museum Presents, mentalfloss / translated & text by なかしー

 

関連記事

世界のヤバイ博物館15選「髪の毛」「有刺鉄線」

「サイコパス」や「連続殺人犯」はどんな職に就いているのか

【恐怖の心理テスト】 あなたが「抑圧」しているものはなに?最も「怖いと感じる人」を選んでください

SHARE

TAG

spotの関連記事

RELATED ARTICLE