ミツバチが「ゼロ」の概念を理解できると判明。昆虫で初

science_technology 2018/06/08

Point
・ミツバチは0(ゼロ)を理解できることが判明
・人間と同様にサルや鳥がゼロを理解することは確認されていたが、昆虫では初めて
・ニューロンの少ない蜂がゼロを理解するメカニズムが解明されれば、AIへの応用が期待される

8日にScience誌で掲載された研究によると、ミツバチが数や0(ゼロ)の概念を理解していることが判明しました。

これまで、人間だけがゼロの概念を理解できると思われていましたが、最近になってサルや鳥でも理解できることが確認されています。今回の研究では、昆虫がゼロの概念を理解することを初めて発見しました。

Numerical ordering of zero in honey bees
http://science.sciencemag.org/content/360/6393/1124

研究では、ミツバチが数についての理解があるか実験を行いました。個々の蜂に印をつけて区別し、特別に設計された装置を用いました。

Credit:RMIT University

研究者は蜂に数を学習させるため、異なる個数のものが描かれている画像の中から、個数が最少の画像を選ぶように砂糖を報酬として練習させました。例えば、要素の数が3個のものと4個のものが現れたときには、3個の方を選ばせるといった形です。

Credit: RMIT University/ 蜂に個数が最少のものを選択するように学習させる

そして、蜂にこれまで一度も学習させていない要素の個数が0(ゼロ)の画像を見せ、他の数と比較。すると、ゼロを最少のものとして選ぶことがわかりました。これは、蜂がゼロを理解していることを示しています。

ゼロというのは難しい概念であり、人間の子供でも学習するのは難しいと言われています。人間の脳のニューロンが物質の存在に対して反応を示すことは理解されていますが、「何も存在しない」という状態をどのように理解しているかは、未だ判明していません。

もしミツバチに数学の学習能力があるとすると、動物や人々がゼロの概念を理解するメカニズムの解明につながる可能性があります。

また、ミツバチの脳にあるニューロンの数は100万未満ですが、人間は86億ものニューロンを持ち合わせています。ニューロンの数が少ない蜂もゼロという概念を理解できるということから、ニューロンを模したAIの進歩も期待されるところです。

 

まるでSFの世界。ウミウシ間で「記憶の移植」に成功

 

via: EurekAlert / translated & text by ヨッシー

 

関連記事

謎だった「回る卵が起き上がる現象」が解明されたので、実際にやってみた

これクトゥルフじゃ? 「タコは地球外生命」説で33人の科学者が本気で論文発表

植物は本当に音が「聴こえ」ているのか?科学的学説4つ

「宇宙は存在しない」。物理学者が「反物質」を調べた結果、驚くべき事実がわかる

SHARE

TAG

science_technologyの関連記事

RELATED ARTICLE