一発で仕留めよう。ミツバチは人の顔を覚えている

animals_plants 2018/06/12

 

Credit: pawel blazewicz on Unsplash
Point
・ミツバチに人の顔を学習させる実験を行うと、75%の正確さで人の顔を識別できることがわかる
・複数の実験から、ミツバチはパーツ単体ではなく「顔全体の特徴」を把握していることが判明した

ミツバチについては、最近の研究により子どもでも理解が難しい「ゼロ」の概念を理解していることがわかりました。

ミツバチが「ゼロ」の概念を理解できると判明。昆虫で初

そんな小さな体に計り知れない潜在能力をもつミツバチですが、過去の研究によりなんと「人の顔を認識する能力」があることもわかっています。この認識能力は、人間の認識能力と同様に「人の顔のパーツを全体的に見て判断する能力」であることがいえます。

実験では、人の顔の写真の前に「砂糖水」を置き、顔が描かれていない紙の前には「ただの水」を置き、その状況でミツバチを放って人の顔を学習させました。

その後、人の顔を本当に認識しているのか調べるために、砂糖水を取り除いて、ミツバチが「砂糖水」にありつけると思って「人の顔の写真」へ移動するかどうか実験しました。

Credit: Adrian Dyer / 人の顔を学習した後のミツバチの経路

その結果、ミツバチは75%の正確さで人の顔を認識できていることが判明。また、人の顔を写真でなく「線と丸で描かれた顔」に変えてみても、その異なるパターンの顔を認識できていることが分かりました。これは、ミツバチが鼻や目の位置など顔全体の特徴を把握しているということを示しています。

この研究から「ハチに顔を覚えられるのは危険」だということがわかります。退治するときは確実に一発で仕留めるようにしましょう。

 

via: NewYorkTimes, Experimental Biology / translated & text by ヨッシー

 

関連記事

顔認識で3千人もの孤児が身元特定に成功(インド)

なぜ青い生物は少ないのか?

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE