簡単な「手のポーズ」でストレス軽減。インドに伝わる3つの「ムドラ」を紹介

spiritual 2018/06/14
Credit: Ksenia Makagonova on Unsplash

ムドラとは日本語でいう「印(いん)」のこと。ヨガなどのヒンドゥー教の行いに起源をもち、主に「手」を使った特定の動作を指します。

ムドラを行うことで「プラーナ」とよばれる「生命の力」を体の中で操ることができるといわれており、「集中力の上昇」や「ストレスの軽減」といった効果があるようです。

ムドラの方法は非常に簡単。ちょっとした「待ち時間」などに意識的にムドラを取り入れてみると良いでしょう。ここでは効力が異なる3つのムドラを紹介。他にもムドラには多くの種類がありますが、まずはこの3つをマスターしてみましょう。

 

1.ガルーダ・ムドラ /  ストレス軽減、秘められた力を覚醒させる

方法

1.イスに心地よい姿勢で座る

2.画像のジェスチャーを手で作る

3.その手で優しくお腹に触る

4.エネルギーが自由に体の内外を漂っていることをイメージしながら、3分間ゆっくりと呼吸をする

 

効能

この「ガルーダ・ムドラ」は「目覚めのムドラ」として知られています。これはたいへんパワフルなムドラであり、プラーナのレベルを高めることができます。これを行うことで、ただちにエネルギーの流れが変わり、生まれ持った能力を「目覚め」させます。具体的な効果は以下の通り。

・疲れた体、ストレスを癒やす

・痛みを和らげる「鎮痛剤」として働く

・オーラの浄化

・「敵」と戦う前の集中力を向上させる

・秘められた「力」を目覚めさせる

 

2.クベーラ・ムドラ / 願いを叶える

方法

1.イスに心地よい姿勢で座る

2.画像のジェスチャーを手で作る

3.両方の手でそれぞれ優しく膝に触れる

4.自分の「願い」に集中しながら、5分間ゆっくりと呼吸をする

 

効能

クベーラ・ムドラは「富のムドラ」とも呼ばれ、これにより大宇宙とのつながりを強めることができます。すなわち、なにか「強い願い」をもっているときに、その成就を助けるための万能のムドラであるといえます。具体的な効果は以下の通り。

・欲求を引き出す

・「富」や「お金」を引き寄せる

・「願い」の強さを増大させる

・集中力を高め、自信を養う

 

3.ロータス・ムドラ / ネガティブな気持ちを消し去る

方法

1.蓮華を組んで(あぐらで)床に座る

2.画像のジェスチャーを手で作る

3.空からのまばゆい光をイメージしながら、5分間ゆっくりと呼吸をする

 

効能

ロータスとは「蓮の花」のこと。沼地に咲く蓮の花ですが、その花には泥は一滴たりともついていません。まるで聖なる力に守られているかのようです。ロータス・ムドラはそんな「聖なる光」によって私たちを暗闇から引き上げる力を持っています。具体的な効果は以下の通り。

・ネガティブな気持ちを消し去る

・悪いムードを打破する

・人や物を引き寄せる

・直感力を高める

 

ちょっとしたポーズで絶大な力を発揮する「ムドラ」。ぜひ自分の気分や状況に合わせて試してみてください。

 

via: magicalrecipesonline / translated & text by なかしー

 

関連記事

1分でもOK。瞑想の3つの簡単なやり方と効果まとめ

瞑想の「呼吸法」で集中力アップ、科学的に証明される

脳を科学的に覚醒させる7つの方法「不安を65%減らす音楽」

SHARE

TAG

spiritualの関連記事

RELATED ARTICLE