animals plants

「火を噴くドラゴン」が科学的に存在し得るのかを考えてみる (5/5)

2021.01.27 Wednesday

2018.06.18 Monday

ドラゴンはどうすれば実在できるか

物語で語られるようなドラゴンの体重は、非常に重いと思われます。図体や背骨が大きく、角が生えたり突起物があったりするとドラゴンの体重はどんどん重くなるでしょう。さらに、ドラゴンの翼を小さくしたいなら、もはや科学者では太刀打ちできません。

要するに、空を舞い、火を噴き、人を食べるドラゴンが存在するか否かは、ドラゴンをどのような生物か定義することから始まるのです。

みなさんの理想はどんなドラゴンですか?

 

via: ThoughtCo. / translated & text by ヨッシー

 

関連記事

いまだ解明できない深海の12の謎

生物最大か?推定26m、先史時代の「海の怪物」魚竜の化石が見つかる

<

1

2

3

4

5

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!