謎の“小惑星”オウムアムアの正体、実は「彗星」だと判明

space 2018/06/28
Credit: ESO/M. Kornmesser
Point
・オウムアムアは彗星に特徴的な尾がないことから、これまで小惑星に分類されていた
・オウムアムアの軌道を詳しく解析したところ、小惑星では説明できない動きが特定された
・その動きの強さと方向からオウムアムアは彗星であると考えるのが妥当

2017年の10月19日、観測史上初の太陽系外から飛来した恒星間天体オウムアムアが発見されました。オウムアムアとはハワイ語で「遠い過去からの偵察者」の意味。地球接近天体の監視観測計画であるパンスターズを使った調査をしていた天文学者によって、地球軌道に近づいたところを発見されました。

オウムアムアは、発見されるや否や世界中の天文学者の注目を浴び、彼らを調査に駆り立てました。しかし解明は難航。これまでその正体は謎に包まれていました。果たしてこの天体は「小惑星」なのか「彗星」なのか、それとも「宇宙人の偵察船」なのでしょうか?

解明への最初のヒントは、「軌道」でした。オウムアムアが最初に見つかったのは、太陽に最接近してから約1ヶ月後で水星軌道の内側です。今までに観測された他の小惑星や彗星とは違って、オウムアムアは惑星軌道平面の上部から傾いた軌道で近づき、太陽の引力を振り切って太陽系から逃れるのに十分なスピードを持っていました。

そして天文学者たちは最初、惑星形成に関する現在の知見から「オウムアムアが彗星である」と推測しました。しかし、オウムアムアからは、彗星の特徴であるガスや塵の放出が観測されませんでした。そのため、当初は星間小惑星の最初の例であると分類されたのです。

Credit: Photo credit: SciTechTrend on Visualhunt.com / CC BY

パンスターズによるオウムアムア初観測から、ESAとハワイ大学に率いられた天文学者チームは、CFHTとハッブル宇宙望遠鏡を使いこの天体とその位置に関する精密な観測を続けました。すると、観測された軌道は太陽の重力の影響だけを元に予測されたものとは異なっていることがわかりました。厳密な解析から、様々な可能性が除外されました。太陽からの放射や熱、太陽風による影響、他の天体との衝突やオウムアムアがゆるく結合された2つの天体だった可能性などです。

彗星は太陽に熱せられると昇華する氷を含んでいます。昇華によって彗星表面の塵が引き出され、彗星の周りに不鮮明な「大気」を作り、時には尾になります。ある場所やタイミングにおけるガス圧の放出は、重力の影響だけを元に予測された軌道からはわずかに外れた軌道に彗星を乗せます。

そして今回、高精度の観測によって特定された、オウムアムアにかかる重力以外の影響の方向と強さが、彗星だった場合にガスが放出される場合に見られるもののふるまいと一致していることがわかりました。よって、オウムアムアは彗星であると考えられるというわけです。

彗星であれば観測されるはずの塵や科学的な痕跡が見つからないのは、オウムアムアが比較的小さな天体で、少量の比較的大きな塵を放出したため望遠鏡では捕らえられなかったからではないかと考えられています。オウムアムアの軌道に探査機を送り込めばはっきりしたことが分かるはずですが、予算的にその可能性はほぼないとのこと。他の天体が太陽系に飛び込むのを待つしかなさそうです。

 

逆行して周回する謎の小惑星、実は太陽系外から来ていた

 

via: Eurek Alert! / translated & text by SENPAI

 

関連記事

冥王星が何百万もの彗星で出来ている可能性

火星の謎の一つが解明! 衛星フォボス・ダイモスは「小惑星」の衝突によって形成された

太陽系9番目の惑星の存在を示す新たな証拠がみつかる

SHARE

TAG

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE