タイ洞窟 少年たちの発見を「予言」した僧侶がいた

spiritual 2018/07/06
Credit: Linh Pham / Getty Images

先日イギリス人ダイバーによって奇跡的に発見された、タイの洞窟に遭難したサッカーチームの少年12人とコーチ1名。いまだに救出には至っていませんが、その「奇跡」に一人の僧侶が関与していたことが現地メディアの報道でわかりました。

まだ少年たちの行方がわからず、捜索が続けられていた6月29日。著名な高僧である Kruba Boonchum Yannasangwalo氏は、少年たちが遭難した洞窟を訪れ儀式を行い、少年らの無事を祈りました。そして出発の際にタイのメディアに対し、「少年たちはまだそこにいます。数日以内に見つけることができるでしょう」と予言を残していたといいます。

実際に少年たちが発見されたのはその2日後。さらに、降り続いていた雨は予言の翌日に止み、少年たちが見つかるまで再び降り出すことはありませんでした。現地の人々の多くは、高僧が降り続く雨を止めて、ダイバーを少年たちのもとに導いてくれたと信じてやみません。

しかし、不思議なことはこれだけではありません。この「奇跡」には、神秘的な始まりがあったのです。

タイ北部でレストランを経営する女性 Nattanuch Prasertongさんは、少年たちが行方不明になった前日の夜から、「高僧が洞窟の前で祈れば女神が行方不明の少年らを解き放つ」といった内容の夢を連続して見ていました。

そしてNattanuch Prasertongさんは、その夢についてFacebookに投稿。宗教への信仰があったわけではありませんが、高僧が洞窟を訪れる必要があると感じたといいます。

その後4万回以上シェアされたこの投稿を受けて、実際に高僧が洞窟を訪れたのです

高僧の祈りが通じたのかは定かではありませんが、実際に少年たちは発見さました。予言どおりに見つかった彼らですが、そこには政府やダイバーたちの懸命な救出活動があったことは言うまでもありません。

しかし、発見はされたものの、洞窟からの脱出は困難を極めており、全員が無事に生還できる可能性が低いとの報道もあります。高僧は少年たちが見つかった後に再び洞窟を訪れ、静かな一礼を行なっています。

 

via: dailynews / translated & text by なかしー

 

関連記事

人体は10秒後の出来事を予知できる? 予知能力を科学的に解明しようとする研究

恒星「シリウスB」の存在を予知していた神秘の民族「ドゴン族」

「前世の記憶をもつ子どもたち」知らないはずのことを知っていた5つのケース

SHARE

TAG

spiritualの関連記事

RELATED ARTICLE