キリスト教、イスラム教、ユダヤ教が集結。「21 for 21プロジェクト」とは?

religion 2018/07/12
Credit: independent

イギリスにおいて「キリスト教」、「イスラム教」、「ユダヤ教」のグループが集結し、“21 for 21 project” の発足を祝いました。

“21 for 21 project” とは「21世紀における21人のリーダー」を見つけるためのプロジェクトであり、異なる宗教間の理解や協力を進められるような若いリーダーの出現が期待されています。

プロジェクトの発起人である “Jewish News” の編集者ジャスティン・コーエン氏は、「異なる宗教コミュニティが絶えず対立しているといったイメージが世界中に広がっていますが、それは必ずしも事実であるとは限りません」と述べ、このプロジェクトの意義について語ります。

21人の内訳は、キリスト教7人、イスラム教7人、ユダヤ教7人と各宗教で同数になっており、多くの候補者の中から選定される予定です。審査委員会によって選出される候補者ですが、コーエン氏によれば、様々なバックグラウンドを持つ候補者が選出されるとのこと。また、候補は7月16日に締め切られます。

コーエン氏はさらに、「この運動が音楽、アート、政治などの様々な分野にまで広がり、彼らがリーダーとして革新的な行動を起こしてくれるかもしれません」として、このプロジェクトの影響力に期待を寄せています。

21人のリーダーたちは、ロンドンのランベス宮殿におけるレセプションパーティーにて発表され、その様子は各宗教のメディアによって取り上げられる予定です。

 

via: independent / translated & text by なかしー

 

関連記事

3分でわかる!5大宗教の始まりと広がりの歴史

「幽霊の見え方」は宗教によって違う。宗教改革が心霊現象に与えた影響

人が想像する「神の顔」は「支持政党」によって変化することが判明

SHARE

TAG

religionの関連記事

RELATED ARTICLE