「ニュー・ストーンヘンジ」を発見 立役者は「猛暑」(アイルランド)

history_archeology 2018/07/19

今夏の猛暑が、こんなところにも影響を与えていました。

夏のアイルランドの「熱波」によって農地の草が色を変え、かつての遺跡の「跡」が浮かび上がってきたのです。

浮かび上がった建造物の特徴が、イギリスの遺跡「ストーンヘンジ」と似ていることから、この跡地は「ニュー・ストーンヘンジ」と呼ばれています。建造物の跡のみ周囲の土壌よりも水分を含んでいたため、作物がよく育ち、この痕跡が姿を現しました。

Credit: Anthony Murphy/Mythical Ireland

撮影したのは、ドローン・フォトグラファーのアントニー・マーフィーさんのドローン。円の直径はおよそ150メートルほどであり、約5,000年前の新石器時代のものとされています。遺跡の「エントランス」のような跡もあり、そこで宗教的な「儀式」や「セレモニー」が行なわれていた可能性があります。

Credit: Anthony Murphy/Mythical Ireland

現代のテクノロジーである「ドローン」によって発見されたこの痕跡ですが、建造物の柱が「木製」であったことから、本場の「石」のストーンヘンジのように残ることがなく、今に至るまで発見されなかったと考えられます。

また、見つかった場所が私有地であるため、さらなる調査が行なわれるのかどうかは今のところ不明とのこと。いずれにせよこのような貴重な発見が、歴史や考古学上で重要な意味を持つでしょう。

 

via: sciencealert, dailymail / translated & text by なかしー

 

関連記事

「ナスカの地上絵」がドローンで新発見される!? 謎のジブリ的ゆるキャラも…【追記あり】

地球以外で初! NASAが火星でドローンを飛ばす計画を発表、ムービーも公開中

GoogleがVRで世界の貴重な遺跡や建造物を3D保存、スマホやPCでも公開中!

SHARE

TAG

history_archeologyの関連記事

RELATED ARTICLE