15年ぶりに火星が大接近!見ごろはいつまで?

space 2018/07/31

いよいよこの時がやってきました。7月31日午後4時50分ごろ、我らが地球の「お隣」惑星である火星が2003年以来15年ぶりの大接近をみせます。

このとき、火星と地球の間の距離はおよそ5,760万キロメートル。あまりピンときませんが、とにかく近いのです。平均の距離が、およそ8,080万キロメートルであることから、その特別な「近さ」が分かります。

先日28日の「皆既月食」を楽しんだ人にとっては、続けざまの天体ショー。宇宙好きにはたまらない期間となりました。

月食で赤く染まった月は昔の人々をパニックに陥らせていた

火星のサイズは地球の約半分。ふだんは夜空に浮かぶほんのわずかな「点」にしか見えません。しかし、今回大接近をみせた火星は、肉眼で確認できるレベルをゆうに超えています。

天気さえ良ければ、肉眼で火星の「赤い色」を楽しむことができるでしょう。そして、ちょっと本気を出して天体望遠鏡を用いれば、表面の模様さえも詳細に見ることができるはずです。火星の自転のタイミングによっては、太陽系で最も高いとされる標高約25,000メートルの「オリンポス火山」を拝める可能性もあります。

Credit: NASA, Corbis / オリンポス火山。標高はエベレストの2.5倍

そして、天気等の関係で、今週中に火星を見ることができなくても大丈夫。9月ごろまでは観測しやすい状態が続くようです。先日の皆既月食を寝過ごして見逃してしまった方はぜひ、夏の間に夜空を見上げて、赤い星を探してみてください。

 

火星で前代未聞の巨大嵐が発生、探査車「オポチュニティー」が危ない

 

via: QUARTZ / translated & text by なかしー

 

SHARE

TAG

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE