animals plants

2021.01.27 Wednesday

2018.08.15 Wednesday

人魚は実在するのか?神話から現代に至る「人魚騒動」の歴史 (4/4)

前ページ払拭された悪いイメージ

<

1

2

3

4

>

「ニセ人魚」で一儲けしたP・T・バーナム

2018年2月に日本で公開された、ヒュー・ジャックマン主演の映画『グレイテストショーマン』のモデルとなったP・T・バーナムは、人魚で集客することを考えた人物でした。

当時日本では「人魚職人」なる者が存在し、精巧な「ニセ人魚」を作っては見世物小屋にて披露していました。猿の頭を魚に縫い付けて作られたその模造品は、一見継ぎ目がわからないほど完成度が高く、多くの人を驚かせ、多くの金が動いたそうです。

そこに目をつけたのが心理学の「バーナム効果」でも知られるP・T・バーナムです。日本で購入したその「ニセ人魚」をアメリカで披露し、一山当てることに成功。人魚と言ってもその模造品は当然美しいものではなく、どちらかと言えばグロテスクなものでしたが、話題を呼ぶには十分なインパクトだったようです。

1枚目の画像
日本から海を渡ったとされる「ニセ人魚」

 

その存在に関する決定的な証拠はいまだに出てこない人魚ですが、これまでに多くの人が、その神秘的な魅力に取り憑かれていたことがわかります。

現実の世界において私たちが人魚を目撃できる日は来ないかもしれませんが、これだけ多くの文化の中でその存在を示してきた「人魚」は、すでに私たちの頭の中の「想像の世界」に息づいているのかもしれません。

 

「火を噴くドラゴン」が科学的に存在し得るのかを考えてみる

 

via: theconversation 他 / translated & text by なかしー

 

<

1

2

3

4

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!