Windows95にまた会える! Windows・macOS・LinuxでインストールできるWindows95アプリが公開

app 2018/08/24

1995年に発売され、世界中で爆発的な人気を誇ったWindows95。日本でも瞬く間にWindowsブームを巻き起こし、インターネットの普及にもつながりました。

しかし当たり前のことながら、現在ではWindows95搭載のパソコンを日常で見かけることはありません。

そして時は流れ20年―。あのWindows95が、ついにPCアプリとして公開されたのです。

開発者は、コミュニケーションツールSlackの開発者であるFelix Riseberg氏。ソースコード共有サイトGithub上で公開されています。Windows・macOS・Linuxで利用でき、ワードパッドやMSペイント、マインスイーパーなどの顔馴染みのWindows標準ソフトも使用可能です。

Credit: The Verge

アプリには通常版と、フロッピーディスク対応版があります。今では化石となったパソコン周辺機器であるフロッピーディスク版が存在するところからも、当時を再現しようとする熱量の高さが伺えます。

このアプリのダウンロードサイズは約129MB。そのサイズの小ささからも、時代の流れを感じられる一品です。

ネット上では、過去のWindowsOSをApple WatchAndroid Wearブラウザ上で再現している人もいるようです。Windows95を知っている人も知らない人も、このアプリによって何か新しい発見があるかもしれません。

 

顔だけ透明になるアプリがネット上で話題に「無駄さが面白い」「光学迷彩」

 

via: TheVerge / translated & text by ヨッシー

 

SHARE

TAG

appの関連記事

RELATED ARTICLE