国際宇宙ステーションにあいた穴は「人災」だった! 犯人を特定中

space 2018/09/05
Credit: Enlarge / 宇宙ステーションに空いた穴
Point
・ISSで空気漏れがみつかり、その原因がソユーズロケットに空いた穴であることがわかる
・穴は当初デブリの衝突によるものと思われていたが、実際は製造過程で誤って空けられたものとわかる
・穴を空けて接着剤で塞いだ技師を現在特定しようとしている

先日ISS(国際宇宙ステーション)にドッキングしているロシアのソユーズで壁に穴が空き、空気漏れが発生。宇宙飛行士の「親指」で穴をふさぎ、その場をしのいだことが話題となっています。デブリや隕石の衝突が原因と考えられていましたが、どうやら「人災」である可能性が高いようです。

ロシアの報道によると、穴は明らかに内側から空けられており、壁の表面に沿ってドリルがすべったような跡を発見したとのこと。またある技師によると穴は接着剤で塞がれており、これは真空テストで穴の発覚を防ぐ目的だと思われます。

ただ、同様の事故は以前にも起きていました。今回事故が起きた宇宙船をつくったのは、エネルギアというロシアの企業です。その元従業員によると、「すべての種類の宇宙船を調査したことがありますが、着陸後ある再突入ユニットに、外壁を貫通する穴をみつけました。しかし、技師は誰にもこの欠陥を報告しておらず、そのかわりにエポキシ樹脂で穴を塞いだのです。私たちはその人物を見つけ出すことができましたが、一騒動あった後で、結局彼は解雇されました」

今回のケースでは、問題の技師はエポキシ樹脂の代わりに接着剤を使っています。ソユーズの外壁はアルミニウム合金でできているので、技師が事前にミスを報告していれば、地上で溶接し、適切に修理できていたはずです。

ロシアの宇宙機関ロスコスモスのトップ、ドミトリー・ロゴージン氏は、「現在、原因を技師の技術的ミスにまで絞ることができました。私たちは誰に責任があるのか個人を特定したいと思っているし、実際にそうする予定です」と話しています。

 

彼らが本気を出したら最後、すぐに特定されて「おそロシア」な罰が待ってそうなので、穴を空けてしまった人は今すぐに名乗り出たほうがよさそうです…。

 

宇宙でブクブクする「錠剤」を水に混ぜたらどうなるのか?NASAが実験動画を公開

 

via: ars technica/ translated & text by SENPAI

 

SHARE

TAG

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE