モンスター級の巨大惑星が発見される。天文学者「ありえない」

science_technology 2017/11/21
惑星NGTS-1bの想像図

「ありえない」発見に、天文学者は驚きを隠しきれません。

理論上存在するはずがない「モンスター級」の惑星が、チリのアタカマ砂漠に拠点を置く太陽系外惑星探査プロジェクト「次世代トランジットサーベイ」(NGTS: the Next Generation Transit Survey)によって発見されました。

本来、主星の半径と質量は太陽の半分程度で、小型星では周囲に木星級の巨大惑星を形成できないはずなのです。

その謎の惑星の正体は、どうやら地球から遙か遠く離れた、低光度の小型星を周回する巨大惑星だといいます。

モンスター級惑星!その名はNGTS-1b

これまで、「小型星は理論上、岩石惑星を形成できても『木星級の巨大惑星を形成できる程の素材物質は結集しきれない』」と言われていました。

本来惑星は、銀河での大規模爆発の残滓であるガスと塵が原始星の周囲を円盤状に渦巻き、それが凝集して天体になると考えられています。

今回惑星を発見したNGTSは、そのプロジェクト名から、小型星を「NGTS-1」巨大惑星を「NGTS-1b」と名付けました。「NGTS-1b」の「b」は、それが小型星の第1惑星であることを意味します。

探査では、ずらりと並べられた12台の望遠鏡によって夜空を丹念に調べ、星が発する光の減衰を確認しました。地球から見える星の減光は、その星の前を惑星が移動していることを示すからです。

NGTS-1bを発見した次世代トランジットサーベイ。隊列12台の口径20㎝望遠鏡を構成している。今後は直径が地球の2~8倍ある海王星級以下の惑星の発見に注力する予定だ。

この巨大惑星の半径は主星の約4分の1もあります。これは主星に対して非常に大きいと言えます。例えば、太陽系で1番大きい木星の半径は太陽の約10分の1しかないのです。

モンスター惑星の1年は地球の2.5日


NGTS-1b発見後、研究チームは、この巨大惑星の重力の影響が主星にどの程度の「ゆらぎ」をもたらすかを測定し、惑星の大きさ・位置・質量等の確定しようと試みました。

結果、NGTS-1bの公転軌道が主星に非常に近い位置にあることが判明。その間隔距離は地球-太陽間の僅か3%、公転周期は2.6日で、それはNGTS-1bの1年が地球の2.5日に相当します。

NGTS-1bとその主星は、地球から約600光年離れており、鳩座の中に位置しています。しかし「モンスター級の巨大惑星でありながら、NGTS-1bはその主星が小さく仄暗いため、発見は難しいものでした」と研究者は語っています。

またNGTS-1bの主星NGTS-1は、宇宙で最も多いタイプであるM型の矮星に分類されます。ここから分かるのは、予想外の巨大ガス惑星がさらに多く見つかる可能性があるということです。

研究者は「我々が今後、他にどのような面白い新惑星に出会えるか――それを知るのが楽しみです」と話しています。

宇宙は丸かった!? 「宇宙平坦説」を逆転する研究が発表される

via: daily.co.uk, afpbb.com / tranlation by 羽鳥浩太郎  / edited by Maxim

SHARE