イーロンマスクが詐欺で告訴される Tesla株は10%以上急落

society 2018/09/28

Tesla社のCEO、イーロン・マスク氏がSEC(アメリカ証券取引委員会)に詐欺容疑で告訴され、時間外取引においてTesla株が急落しました。

マスク氏が告訴されたのは、ツイッターの発言内容に虚偽の疑いがあり、投資家を混乱させ、実際に被害に遭った投資家が存在していると考えられるためです。

そのきっかけとなったのがこちらのツイート。

1株420ドルで買い取ろうと考えている。資金は確保済みだ。

 

マスク氏は以前、Teslaの株式を非公開化することを検討しており、8月に上のようなツイートを発信しています。このツイートによって、実際にTesla株は6%上昇しており、1つのツイートの影響力の大きさが見て取れます。

また、その後「投資家の支持を得ている」とした趣旨のツイートを発信しており、SECはその点についても問題視しています。しかしその後、何事もなかったかのようにマスク氏は株式非公開を撤回。そのことから、一連の発言が虚偽でがあったことが疑われているのです。

今回の告訴を受け、マスク氏は次のように述べています。「このような、SECによる不当な働きかけには本当に失望する。私は常に真実性・透明性、そして投資家のことを考えながら行動してきた。私が人生で最も大事にしているのは誠実さであり、真実が明らかになれば、そのことが証明されるだろう」

納得のいっていない様子のマスク氏ですが、今回の訴訟でSECはマスク氏に対してTeslaを含む上場企業への関与の禁止も求めており、今後の展開によってはマスクの進退に関わる事態へと発展する可能性もあります。

 

先日発表された、マスク氏がCEOを務めるSpaceX社による「ZOZOTOWN前澤社長の月旅行」にも影響が出ないといいのですが…

 

ZOZO前澤社長が民間人初の「月旅行」へ。「宇宙×アート」を掲げる #dearMoon プロジェクトを発足

 

via: dailymail / translated & text by なかしー

 

SHARE

TAG

societyの関連記事

RELATED ARTICLE