「体」なしで生きていくことは可能なのか?

brain 2018/10/02

 

もし私たちの意識が単なる「情報」なら、その情報をインターネット上に移せば「体」なしに生きられるのでは…?

そんなSFチックで素朴な疑問に、Youtubeチャンネル “Life Noggin” が答えています。果たして、生きていく上で私たちは本当に「体」を必要としているのでしょうか?

 

私たちの「意識」をインターネットに移すことは…

今のところできません。

あなたの中で刻々と変わる「あなたの情報」は膨大であり、適切にそれらを移し替えることは不可能なのです。

もちろん「未来」においてはそのようなことが可能になっているかもしれません。

だとしても「モラル」の問題は付いてきます。つまり、それを本当に「あなた」と呼んでいいのかはわからないのです。

そして、実際に「未来」に期待して驚くべきサービスを提供する企業も存在しています。

アメリカのNectome(ネクトム)社は、その「未来」が来るまで新鮮な状態の「脳」を保存しておき、機が熟した際に、脳の情報をデジタル化することを考え出したのです。

科学者の間では、未来で本当にそのようなことが可能であるのかについて意見は真っ二つ。人間の意識を、そのままコンピューター情報に変換することは不可能であると主張する人たちも存在しています。

いずれにせよ、もし脳の情報をデジタル化するのであれば、どのようにして「脳」を「デジタル・スペース」につなげばいいのかが問題になってきます。

これに関してすでに様々な試みがなされてきましたが、昨年ウィットウォーターズランド大学のエンジニアらが「脳波計」を用いて脳の神経活動をクレジットカード大のコンピューターに移すことに成功しています。

そして、そこに移されたデータは誰にでも確認できる「情報」となってウェブサイトに写し出すことができるのです。

結論としては、私たちが「体」なしで生きていくことができるのかは「わからない」といったことになります。今は不可能ですが、いつかはクラウド上に自分の意識をアップできるようになるかもしれません。

すなわち、今の段階でそのようなことを気にしていても仕方がないといったことです。今は目の前のおいしい「ピザ」を頬張り、「現実」の味を味わうほうがよっぽど賢明かもしれません。

 

なぜ人間は99%空洞なのに壁を通り抜けられないの?

 

via: Life Noggin / translated & text by なかしー

 

SHARE

TAG

brainの関連記事

RELATED ARTICLE