Netflixが年内に「自分でストーリーを選ぶ作品」を配信予定 あの人気作品も

life 2018/10/02

ストリーミングサービス最大手のNetflixが、年内には視聴者が「ストーリーライン」を選べる作品をいくつかリリースする予定です。

テレビといったメディアのインタラクティブ化を感じさせるこのニュース。プロジェクトの中には、Netflixオリジナルシリーズの中でも人気の高いSF短編集 “Black Mirror” の新シリーズも含まれています。

Netflixが「大人向け」のマルチエンディング作品を採用するのはこれが初めてのこと。これはつまり、同じ作品でも毎回違った視点で楽しめるといったことであり、ラストが気に入らなければ自分の選択肢を変えて、もう一度視聴に「チャレンジ」することもできるのです。

これまでにNetflixは、同様の試みとして “Puss in Book” といったアニメシリーズをリリースしています。作品の中では子どもが楽しめるような「13の選択肢」が用意され、その選択によって2種類のエンディングに帰結する仕組みになっています。しかしこれは、あくまでも「子ども向け」の内容です。

Credit: Netflix

ネット上で特に話題となっているのは、息を呑むような展開や衝撃のラストが人気であるSF短編集 “Black Mirror” のストーリーラインを選択できるということです。しかしアニメとは異なり、脚本も伏線が多く、さらに実写で複数のストーリーを展開していくことは、制作側にかなりの複雑な作業が強いられます。当然ながら台本の厚さも「分厚く」なると思われ、ライターやプロデューサーへの報酬といった面についても全く新しい基準が必要となるでしょう。

 

映画やドラマは「ただ座って観る」のが常識である昨今。この試みが大衆に受け入れられるのかは定かではありません。これからテレビはさらにインタラクティブな方向へと向かっていくのか、このプロジェクトがその試金石となりそうです。

 

「好きなTV番組の記憶を消せる」催眠サイトが公開される【体験追記】

 

via: dailymail, gizmodo / translated & text by なかしー

 

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE