否定されたと思われた余剰次元、「小さなスケールではあり得る」