space

極秘!宇宙人との交換留学計画「プロジェクト・セルポ」とは (2/4)

2021.01.27 Wednesday

2018.01.13 Saturday

交換留学の様子

1枚目の画像
Credit: ufodigest

実はこのプロジェクトセルポ、かなり膨大な文章で惑星セルポの生活や環境について報告されています。

膨大なため、全てをここで紹介することはできませんが、惑星セルポの様子がわかる部分をご紹介したいと思います。

惑星セルポ

惑星セルポは地球から約37光年、レティクル座のζ(ゼータ)連星系の中に位置します。太陽の5倍程の大きさの太陽が2つ存在していたため、完全な夜は存在しません。

惑星の大きさは地球より少し小さく、大気には酸素・水素・二酸化炭素・窒素を含んでおり地球と似た環境のようです。

留学生(?)が観測した惑星セルポの情報です。

直径 7,218マイル
質量 5.06 x 10^24kg
太陽#1からの距離 平均96,500,000マイル
太陽#2からの距離 平均91,400,000マイル
月(衛星) 2個
地表の重力 9.60m/sec/sec
自転周期 約43時間
公転周期 865日
地軸傾斜 43度
最低気温 6℃
最高気温 52℃
地球からの距離 38.43光年
惑星名称 セルポ(SERPO)
最も近い惑星 オットー(OTTO)
(この惑星にはイーブ人の研究施設はあるが、原生生物は存在しない)
その距離 平均88,000,000マイル
ゼータ太陽系中の惑星数 6個
最も近い生物のいる惑星 シラス(SILUS)
(ここには様々な種類の生物がいるが、知的生命体はおらず、鉱脈として利用している)
その距離 434,000,000マイル

乗り物

惑星セルポに移動する際はセルポ人の宇宙船で移動しました。一行は地球から約9ヶ月かけて惑星セルポに辿り着きました。宇宙船の船内は広く、重力もあったため9カ月の間も一行は運動ができたようです。

惑星セルポではヘリコプターのような乗り物や宙に浮く車のような乗り物があったと書かれています。

セルポ人の暮らし

惑星セルポには政府のようなものは存在しておらず、必要な物資は全て配給されていました。それぞれが与えられた役割を果たす、共産主義のような社会だったようです。

惑星セルポには約65万人のセルポ人が生活しており、子供は2人までと決められていました。

軍隊のようなものは存在していましたが、警察のような組織はなく、犯罪もない非常に平和な暮らしだったようです。

惑星セルポの自然・動物

セルポの気温は34~46度ほどと暑いものでした。しかし北半球では12~26度と涼しかったため、一行は北半球に移動します。

地球と同じように山脈や樹木のようなものが存在しており、川もありましたが、海はなかったようです。

また、セルポ人は畑で食べ物を育てていました。

次ページ隊員のその後

<

1

2

3

4

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!