刺繍のプロが欠けた蝶の羽を修復、空を飛べるように

animals_plants 2018/01/24

海外の衣装デザイナーであるRomyさんはある日、傷ついた「オオカバマダラ」という蝶を保護しました。

見るとその蝶は羽が欠けており、空を飛ぶことが難しい状態です。

(友人の)パトリック・B、蝶の修復ビデオをシェアしてくれてありがとう。これらは、修復前と修復後の写真です。写真の下には、どのように修復したのかの説明をつけています。
説明を加えると、このオスの蝶は生まれてまだ3日目で、蛹(さなぎ)から蝶に変わる時に怪我をしてしまったようです。

 

Romyさんは死んでしまった別の蝶の羽を使い、壊れてしまったオスの蝶の羽を修復を試みました。

 

じっとしてね。あなたは右上の羽が壊れてるの。

 

これは手術室です。道具は、タオル、ハサミ、ピンセット、滑石、接合剤、楊枝、そして先週死んでしまった蝶の羽。

 

安全のために曲げたハンガーを使って固定します。心配しないでね、痛くないようにするから。なんだか、髪か爪を切っているみたい。

 

これが欠けた羽。

 

手術が終了しました。右上の黒い線部分は100%合っている訳ではないし、右下の羽にあるオスを示す黒い模様は無いけれど。
白い部分を滑石ではみ出さないようにつくったけど、糊でくっつけた部分がくっついてないみたい。
飼っていたメスの蝶が数日前に死んでしまったの。このメスの蝶がもう飛べないと思うと、とても悲しかったです。
でも、この世界はいろんなことで繋がっているみたい。
このメスの蝶は、このオスの蝶にまた飛べる機会を与えてくれました。

 

旅たちの日!!!

 

少し休憩を挟んだけど、ちゃんと飛び立ちました!

 

手術の結果は成功し、蝶は無事に空を飛べるようになりました。もしかしたら将来、「蝶の恩返し」でRomyさんの元に訪れたりして…?

 

 

Via:Laughing Squid translated & text nazology staff

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE