一瞬で蘇る「インスタント復活植物」ってなに?干からびても水さえあればみるみる復活!

animals_plants 2018/01/17
Credit:https://www.atlasobscura.com/

“アンザンジュ” (ジェリコの薔薇とも呼ばれています)や”テマリカタヒバ”と呼ばれる植物には、すごく興味深い能力があります。なんと干からびても一瞬で復活する、「復活植物」なんです。

この植物は、生存に必要な条件が揃っていないと判断すると、自らの水分を乾燥させることができます。

そして葉を丸く閉じらせ、次に水が与えられるまで休眠状態に入るのです。しかも、何年もそのままの状態を保つことができます。

そして、いざ水を与えられると…

みるみる葉が開いていきます。

最初は死んでしまったかのような葉ですが、いったん水を注ぐと次第に葉が広がっていき、色も健康的な緑色に変化していくのがわかります。

 

復活草はイワヒバ属のシダ植物で、日本では「復活草」という愛称で親しまれています。枝葉がヒノキに似ていて岩の上に生えることから、別名をイワマツ(岩松)ともいうそうです。

とても興味深い植物なので、日本でも購入できるか調べてみました。

Credit:http://www.shopping-charm.jp/

(観葉植物)ジェリコのバラ(復活草)(1個) ¥2000円

流石はチャームさん。
何でも取り扱っていますね。

ちなみに日本では盆栽の様な育て方や、テラリウム的な楽しみ方をしている方が多いようです。

テラリウム参考画像 / Google画像検索より

「復活草」で探すと中々売ってる所が見つかりませんが、イワヒバで検索すると、安価、多種多様なヒバが多く見つかるので、興味のある方は育成に挑戦してみてはどうでしょうか。

 

via:Atlas Obscura  / translated & text nazology staff

 

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE