幸せが訪れる人の10の心がけ

life 2018/10/24

 

はっきりとした理由もないのに落ち込むことはだれにでもあることです。

しかし、私たち自身で日常生活のストレス水準をコントロールすることも可能です。今回は、心の平安を保つために、普段の生活からストレスを取り除く10のコツを紹介します。

 

1.批判は禁物

Credit: © depositphotos.com

過度な批判は、不幸への第一歩です。自分を厳しく評価しすぎると、あなたの隠れたポテンシャルも発揮できなくなります。自分の短所ばかりに目を向けず、長所を伸ばす努力が大切です。

また、他人を批判しすぎることも禁物。批判することで必ずしも不幸になるというわけではありませんが、他人への批判はあなたの内面の映し鏡なのです。他人を批判することで、あなたの生活に無駄な労力を生み出してしまいます。共感できない人物がいるのは仕方ありませんが、彼らがどう生きようと、あなたの許しをわざわざ請う必要なんてないのです。

2.過ぎたことは忘れよう

Credit:© depositphotos.com

私たちはだれでも失敗をしますし、それが人生というものです。ですが、失敗にいつまでも執着することで未来に悪影響をおよぼしてはいけません。ただ失敗から学びより良い自分になろうと努めさえすればよいのです。もしだれかを傷つけてしまったなら、素直に謝って次に進みましょう。過ぎ去ったことにいつまでも罪悪感を抱き、後悔することであなたの幸せを台無しにしないようにしてください。

3.未知の世界へ踏み出そう

Credit:© depositphotos.com

知らないことに対して不安に思うのは決して悪いことではありません。しかし幸福な出来事は、あなたが安心していられる場所から一歩踏み出したときに訪れるということも覚えておいてください。やりたいことが恐くて始められない人は、まずは思い切ってやってみるといいかも。

4.世の中は白か黒じゃない

Credit:© depositphotos.com

考えすぎては幸せになれません。人それぞれ、同じに見えるものなんてこの世にはありません。なにが正しくてなにが間違っているかは決まっていないのです。世の中がバラバラであっても、それを素直に受け入れて前向きな道を探すように心がけましょう。

5.嫉妬はしない

Credit:© depositphotos.com

他人の成功や幸せへの嫉妬は不幸のもと。生い立ちや生活環境などはみな違うのですから、他人と自分を比べないようにしましょう。あなたが比較するべきは、過去のあなた自身です。もしだれかの人生が完璧に見えたとしても、あなたには関係のないことです。

他人の幸せを共によろこび、彼らの成功を祝福してあげましょう。そうすることで、他の人たちの話に刺激され、多くのことを学ぶことができるのです。

6.束縛は厳禁

Credit:© depositphotos.com

なにもかも管理しようとすると、ストレスは溜まる一方です。人生は偶然な出来事にあふれ、全てを自分で管理することなんて到底できません。少しは人に頼ることで、気を抜くようにしましょう。

また幸せになるためには、他人を束縛しようとしてはいけません。執拗に束縛することで、あなたの人間関係や友情は壊れてしまいます。気を紛らわせたり、心を落ち着かせたりすることでうまく対処しましょう。

自分が正しいことをみんなに証明しようとすることも他人を束縛することと同じです。あなたにとって正しいことが、他のだれかにとって正しいとは限りません。あなたの意見に反対する権利が全員にあることを受け入れましょう。

7.ソーシャルメディアは程々に

Credit:© thekinproject / instagram

ソーシャルメディア症候群は、現代に特有の病です。私たちは起きたらまず最初に携帯を手に取って、日中も絶えず気にかけているでしょう。それは私たちの心に負荷をかけて、本当に大切なことを隠してしまうのです。

ソーシャルメディアに気をもむのはやめて、今この瞬間の幸せを感じるにはいくつかのルールを守るだけでよいのです。例えば、時間を決めて通知を切る時間を設け、ソーシャルメディアに費やす時間を制限しましょう。ネット以外の趣味も見つけて、家族や友人と過ごす時間をもっと増やすことが大切です。

8.完璧はもとめないで

常に自らを磨こうと骨折ることはすばらしい個性ではありますが、なんでも完璧を求めようとしてはいけません。完璧なパートナーや仕事、人生などはありません。夢を大きく持って懸命に努力するのはよいのですが、理想の人生というものに固執しすぎては危険です。

ソーシャルメディアはときにしてあなたの不安をより深刻にさせてしまいます。ソーシャルメディア上にある他人の人生は彼らが共有したい部分だけをあげているのでどうしても完璧に見えてしまいます。現実は、楽あり苦ありです。

9.期待に応えなくても大丈夫

Credit:© depositphotos.com

なんでも完璧であろうとする必要はなく、人の期待に応えようともしなくてよいのです。あなたが思うように自分の人生を生きてみてください。親や友人の言うことに耳を傾けるのも大事ですが、最後に決めるのはあなたです。社会に認められたいと思うあまり、あなたが幸せになることを妨げないようにしてください。

10.有害な人間関係は切り捨てましょう

Credit: © HBO

人間関係を断ち切ることは非常にむずかしいものです。もし身の周りにあなたを傷つけたり、手ひどく扱うような人がいるなら、それは有害な人間関係のサインです。そのような人たちとつき合うのはやめて、あなたを本当に大切にしてくれる人とだけつき合うようにしましょう。

 

あなたがどう生きていくのか、責任を持つのは他でもないあなた自身です。他人はあなたの人生に影響を与えることはできますが、最終的に決定を下すのはあなたです。ですから、だれかに責任を転嫁しないようにしてください。常に懸命な判断をこころがけ、ベストを尽くしましょう。そうすることで幸せはきっと訪れます。

 

心理学が教える「生きるのが楽になる」10のコツ 「よく寝たと勘違いする方法」

 

via:brightside.me / translated & text by Nazology Staff

 

SHARE

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE