梅干しから生えた人工物のような「結晶」!? Twitterで話題のナゾを理科の先生に聞いてみた!【追記アリ】

report 2018/12/20

 

 ※12.21 17:00 先生からの回答を追記

身近なものが神秘的に変化する――。そんな経験、みなさんはしたことがあるでしょうか。

最近Twitter上で、梅干しに宝石のような結晶が乗っている画像が話題になっています。まるで人工物かのように、きれいな立方体様の透明な塩化ナトリウムが重なっているのです。

 

これは美しい…

ちなみにこの梅、しっかりと@nogi_zさんによって美味しくいただかれ、生まれたて(?)の姿がこちら。

見事なまでの直角、直線です。

一体なぜこんなに美しい結晶が生まれるのでしょうか?その謎を解くため、ナゾロジー編集部が理科の専門家に話を聞いてみました。

ポイントは飽和状態と原子の構造

「乾燥して塩化ナトリウムが飽和状態になると、水に溶けきれずこのように再結晶化します。ちなみに飽和水溶液に関しては中学校1年生で学習しますね」

 

飽和水溶液…懐かしい響きです。確かに中学生の時、飽和状態について学んだ記憶があります。

というわけで、どうやらナゾを解く鍵は「飽和状態」にある模様。ですが、こんなに見事な塩化ナトリウムの結晶が梅干しについているところは見たことがありません。

一体なぜこんな現象が起こるのでしょうか?教えて先生!

「普通は飽和状態になっても、いくつかの結晶がまだらに生成されることがほとんど。これほど大きい結晶になったのは、再結晶化するときに核(きっかけ)になるものがあったと考えられます」

 

なるほど。核があるからここまで成長したんですね。しかしそれにしても、なぜこんなに美しい形になるのでしょうか?

岩塩型構造の結晶美

Credit: Christophe Dang Ngoc Chan / 面心立方格子構造

「この画像は分子構造でいう2原子からなる面心立方格子結晶の典型的な例です。 どちらの原子に着目しても見事な面心立方格子構造を形成しています。特に塩化ナトリウムはこういった特徴が顕著なため、これらは岩塩型構造とも呼ばれています」

 

ふむふむ。この構造美は、2つの原子が安定した形でつながっているからのようです。

「またポイントの1つとして、一気に飽和状態になるとまばらに結晶化してしまうので、長い時間をかけて徐々に水分を減らしていくことが重要でしょう」

 

一からつくるとなると中々難しそうです。この実験を試みたい人は、時間をかけて、じっくりと乾燥させてみてくださいね!

この「結晶梅干し」はどんな味?

最後にこんな質問をいただきました。

「さて問題です。この梅干しは食べたら、味はしょっぱいでしょうか。そうでなかったらなぜそうなるのでしょうか。じっくり考えてみてください」

 

さすが理科の先生、逆にこちらが質問され返してしまいました。

水分が抜けてその分の塩化ナトリウムが結晶化したわけだから同じ…いやいや、梅干しはアルカリ性食品だから…う〜ん。

先生からの問題、みなさんもぜひ考えてみてくださいね。回答はのちほど、本記事とナゾロジーの公式Twitterでお知らせするので乞うご期待!

回答

「結晶になる前はしょっぱい梅干しですよね。
結晶後はおそらく、飽和ギリギリだからしょっぱいと思われます。
…まあ、実験してみないとわかりませんが」

 

うん、まあ…確かに実験してみないとわかりません。ただ、塩の結晶ができたからといってしょっぱくなくなるわけではないようです。

そういえば、実際この梅干しを食べた@nogi_zさんはどんな味がしたのでしょうか?

謎味だったとのこと。

この味の梅干しが商品化されたら、ぜひナゾロジーで買い占めたいものです。

掲載のご許可をいただいた@nogi_zさん、インタビューにお答えいただいた先生、ありがとうございました。

ナゾロジーでは今後も、巷で話題の謎から宇宙の果ての謎まで、様々な謎を追っていく予定です。

 

「ティラノサウルスを草食恐竜で倒すには?」先生が思わず唸った「夏休み子ども科学電話相談」の質問が面白い

 

written & edited by Nazology staff

 

SHARE

reportの関連記事

RELATED ARTICLE