LEDでマイティ・ソーの「青く光る目」を再現したツワモノレイヤーが現る

fun 2019/01/05

 

MARVELシリーズの中でも根強い人気を誇る雷の神様、マイティ・ソーといえば「青く光る目」。そのシンボルをどうにか再現しようとした者はこれまでにも多く現れましたが、その多くが頼ってきたのは「青いコンタクトレンズ」あるいは「フォトショップ」です。

こんな感じに。

しかし、ニュージーランドに拠点を置くコスプレイヤー、カイル・シンプソンさんは一味違った手法を用いることで、他のレイヤーに差をつけることに成功しました。

彼がその再現のために用いたのは、「LEDブラックライト」と「ブラックライトに反応するコンタクトレンズ」です。目のつけどころが素晴らしい。

シンプソンさんは、継ぎ目をできるだけ目立たなくするために、ヘルメットも「3Dプリンタ」を用いて作成したとのこと。彼を見れば、科学技術を味方につけたコスプレイヤーこそが最強であることが分かります。

リアルに光ってやがる…

ご覧のとおり、青く光る目はインパクト大。コスプレとしては「大成功」であるといえるでしょう。

しかし、ブラックライトのような紫外線が網膜にダメージを与えてしまう可能性があるといった事実も知っておく必要があります。シンプソン氏は、眼球に直接ブラックライトを浴びせたまま長時間歩き回ることのないように警告しています。

よいこは真似しないでね案件のようです。

他のキャラクターにも応用がききそうなこの技術ですが、中々試すには覚悟と念入りな安全確認を要するようです。

本当にくっついた! ゲーム『Skyrim』の「破片を集めて一つになる剣」が再現度100%

reference: motherboard / written by なかしー

SHARE

TAG

funの関連記事

RELATED ARTICLE