フランスの高校生が聖書とコーランの一部をDNA情報に変換して体内に注入、世界中の研究者から総ツッコミを受ける

biology 2018/12/26
Credit: Pixabay
Point
■フランスの学生が、聖書の言葉と、コーランの一節をDNA情報へと変換し体内に注射
■聖書の言葉はDNA情報として、細胞に導入できるベクターへ、コーランの方はペプチドへと変換して注入
■結果は炎症反応が起きただけで、実際注射した情報がどうなったかは不明

 

敬虔な信者の証…といえるのでしょうか?

あるフランス人の高校生が、なんとヘブライ語版の創世記とアラビア語のコーランの一部をDNAに翻訳し、自分の両ももに注射したという旨の論文を、12月4日付けでプレプリントサーバのOSへと投稿。世界中の研究者から総ツッコミを受けています。

The first injection in a human being of macromolecules whose primary structure was developed from a religious text
https://osf.io/yj8xw/

企業の協力あっての実験

エイドリアン・ロカテッリさんは16歳の高校生。彼が主張するには、「これは、文書を元に作られた高分子を自分の体へと注射した最初の例なんです」とのこと。何とも中二病感が漂ってきますが、もちろん彼は一人でこれを成し遂げたわけではありません。

「必要だったのは、生理食塩水と注射器を手に入れることだけでした。あとは、“VectorBuilder”という会社が溶液を、“ProteoGenix”という会社が粉を送ってくれました」

“VectorBuilder”は、遺伝子編集の目的でDNAを細胞に運ぶためのウィルスベクターを作っている会社です。“ProteoGenix”は、合成ペプチドや合成DNAを作っています。どちらの会社も科学者を第一の対象としていますが、製品は誰でも買って利用できるものです。

聖典の遺伝子注入は「平和の印」

ロカテッリさんが注射したテキストを見ることができたとしても、それは見たままの「文章」ではありません。

DNAは単なる情報を保存できる長い分子に過ぎず、主に生き物が生きるために必要とする情報が保存されています。ただし、書きとどめておける情報なら何でも蓄えておくことができます。

しかし、ロカテッリさんがテキストをDNAの形に翻訳した方法は直接的で、言い方は悪いですがいくぶん乱暴なものでした。

DNA情報は、4種類の塩基が連なることで記述されています。科学者はその種類によって、A、G、T、Cという一文字で表していますが、ロカテッリさんはその各文字に、ヘブライとアラブのアルファベットを当てはめました。

Credit: iflscience / 彼が注入した聖書のテキストの一部

例えば、ヘブライのアルファベットのアレフ、ヴァヴ、ユッド、ヌン、ツァディ、タヴは、Gで表されるといった形です。

「わたしはこの実験を、宗教と科学の間における平和の印としておこないました。宗教を信じる人たちが宗教的な文章を自分に注射することは、意義があることだと思っています」

身体に炎症反応、研究者たちからの批判も

それでは、一見無謀ともみえる彼の実験は上手くいったのでしょうか。

ロカテッリさんは、処置によってひどい健康問題は起こっていないと言っていますが、注射した場所にちょっとした炎症がおこり、数日間続いたそうです。

UCLAの生化学教授スリラム・コウスリ氏によると、これは最小限度の合併症とのこと。

「テキストを注射しても、アレルギー反応を起こす以外、何も意味があるとは思えません。彼が行ったような方法で注射したとして、rAAVベクターがウィルスとして本当に働くのかもわからないのです。正直言って、彼が使ったベクターや彼が行った方法について十分な情報がないのでわかりませんが…」

ロカテッリさんの実験については、コウスリ氏や他の識者もかなり批判的のようで、Twitter上でも「やめさせたい」「頼むからやめてくれ。バカだろ…」といったつぶやきを投稿しています。

そもそも遺伝子注入は本当に成功したのか?

ロカテッリさんは、左腿に聖書のテキストを組み込んだとされるrAAVベクターを、右腿にコーランのテキストからできたというペプチド(アミノ酸の重合体)を注射したと「論文」に書いています。

右腿のペプチドはすぐに異物として排除されるでしょうが、左腿のベクターがちゃんと働いたとすれば、ロカテッリ少年のゲノムに組み込まれている可能性はあります。

しかし、結果が「炎症が起こった」としか書かれていないので、どうなったのかは実際にはわからないですし、恐らくロカテッリ少年にも分かっていないでしょう。

今回の研究で何より衝撃的なのは、あまり知識のない人でもこういった実験ができてしまうことです。幸い今回のケースではほとんど害はないし、自己責任で済ませられるのですが、今後この技術が何かに悪用されないように祈るばかりです。

 

遺伝子編集技術CRISPRに「遺伝子変異や損傷」を引き起こす可能性が指摘される

25年間ヘビの毒を趣味でキメてきた男、その体が血清の宝庫となってしまう

 

referenced: Live Science / written by SENPAI / edited by Nazoloy staff

 

SHARE

TAG

biologyの関連記事

RELATED ARTICLE