火を吐く謎の生き物「貪る者」が描かれた2,800年前の碑文がトルコに出現! その正体とは?

history_archeology 2018/12/26
Credit:Roberto Ceccacci/Courtesy of the Chicago-Tübingen Expedition to Zincirli
Point
■トルコのズィンジルリで、2800年前の碑文が発見された
■碑文には、火を吐く生き物”devourer”(貪る者)の絵が描かれ、アラム語の呪文が記されている
■「貪る者」とはムカデやサソリを、「火」はその針で刺された時の痛みを指していると推測

 

古代オリエントのエキゾチックな雰囲気が蘇るようです。

2,800年前の呪文が記された碑文が、トルコ南部の都市「ズィンジルリ」で発見されました。シカゴ大学の研究チームが今年11月に行われた”Society of Biblical Literature”の年次学会で発表したところによると、碑文には「魔術師」の男性の手で「貪る者」の絵が描かれているとのこと。

魔術師やら貪る者やら、一体どういうことなのでしょうか…?

火を吐く獰猛な「貪る者」が描かれた碑文を発見

紀元前1200年頃のヒッタイト人の滅亡後、隊商貿易で財を成したアラム人が、紀元前900年〜720年頃にかけ、シリアから北メソポタミアの周辺に多くの都市国家を形成しました。その一つが「サム・アル」(現在のズィンジルリ)です。

碑文が見つかったのは、このズィンジルリにたたずむ小さな建物の中。この街では19世紀以降数々の発掘が行われていましたが、2017年8月、ズィンジルリでの発掘作業中に、発掘作業中に呪文が刻まれた石製の化粧道具入れが発見されました。

発見された碑文には、火を吐く獰猛な生き物”devourer”(貪る者)の姿が描かれ、アラム語の呪文が記されています。では、このちょっと胸がときめく名前の「貪る者」とは、一体何者なのでしょうか?

貪る者=サソリ 火=刺された痛み

研究チームによると、「貪る者」が吐く火に苦しむ人への治療には、「貪る者」の血が用いられるそうです。血を飲ませるのか、身体に塗りつけるのかは、よく分かっていません。文字の側には、ムカデやサソリ、魚のようなさまざまな生き物の絵が並んでいます。

絵は、化粧道具入れの2つの面に描かれていました。もともと中に化粧品が入っていた箱を再利用して、碑文を彫るために使ったのではないかと考えられています。

研究チームは、「貪る者」とは実際はムカデやサソリのことで、「火」はその針で刺された時の痛みを指しているのではないかと推測しています。

事実、ズィンジルリで発掘作業にあたる考古学者にとって、サソリは大きな悩みの種。発掘の際は、常に靴や鞄にサソリが付着していないかを確認する必要があります。

といっても、この辺りに生息するサソリのほとんどはそれほど危険な毒は持っていませんが」と、発掘チームの共同ディレクターであるヴァージニア・ヘルマン氏は語っています。

分析によると、発見された碑文は紀元前850〜800年頃にかけて作成されたものとのこと。これまで発見されたアラム語の碑文としては最古のものです。

碑文が保管されていた建物は、それから1世紀以上後の、紀元前8世紀後半〜7世紀にかけて作られた寺院のような建造物だと推測されています。

このことは、この碑文が長期間保存が必要とされるような重要性を備えていたことを示唆しているのです。

 

古代都市サム・アルは、紀元前720年頃からアッシリアの支配下に置かれましたが、その衰退とともに衰えました。「貪る者」という物々しい呼び名からはちょっと想像しにくいほどの素朴さを湛えた碑文のイラストからは、古代オリエントの人々の息吹が立ち昇ってくるようです。

 

世界最古のピラミッドはインドネシアに存在する!?物議を醸す大論争が再燃

 

referenced: livescience /  written by まりえってぃ / edited by Nazology staff

 

SHARE

TAG

history_archeologyの関連記事

RELATED ARTICLE