中世のセイラム魔女裁判で起きた異常行動は「抗NMDA受容体抗体脳炎」が原因だった? 魔女裁判の医学的新説

history_archeology 2019/01/08
Credit: wikipedia
Point
■セイラム魔女裁判にかけられた少女たちに現れた症状は、「抗NMDA受容体抗体脳炎」によるものだという説が浮上
■不安、被害妄想、幻覚、発作、ジスキネジア、緊張病といった典型症状が、少女たちに関する記述に類似
■血縁関係のない少女たちのケースは、社会政治的因子が関係か

15世紀〜17世紀頃のヨーロッパや米国で、人々が無実の罪で裁判に掛けられて命を落とした「魔女狩り」。特に悪名高いのが、マサチューセッツ州セイラム村(現在のダンバース)の周辺で1690年代に行われた「セイラム魔女裁判」です。

新しい研究で、裁判のきっかけとなった降霊会の中で少女たちが起こした異常行動の原因を「抗NMDA受容体抗体脳炎」に求める新説が浮上。研究は「Journal of Neurology」に掲載されています。

The witchcraft of encephalitis in Salem
https://link.springer.com/article/10.1007/s00415-017-8546-4

セイラム魔女裁判の背景

事件の発端は、村の牧師サミュエル・パリスの娘ベティと、その従姉妹アビゲイルが、親に内緒で降霊会に参加したこと。霊を呼び寄せる術中、2人は突然暴れ出すなどの奇妙な行動をとり、悪魔に取り憑かれているという医師の診断を受けます。

その後、会に参加した他の少女たちも次々に異常行動を起こすようになり、最終的に200名以上の村人が魔女裁判に掛けられることに。うち19名が絞首刑に処され、1名が拷問中に死亡。獄中で命を落とす人もいました。

少女たちに現れた奇妙な症状の正体を、医学的に解明しようとする取り組みの中で、新しい説が最近浮上しました。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの神経科医マイケル・ザンディ氏によると、「抗NMDA受容体抗体脳炎」こそがその正体とのこと。

抗NMDA受容体抗体脳炎とは

抗NMDA受容体抗体脳炎とは、脳の興奮性神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体、NMDA型グルタミン酸受容体に自己抗体ができることによる急性型の脳炎です。

医学的な説は数ありますが、これまでよく知られてきた説は、ライ麦などの穀物に寄生する麦角菌が、痙攣、幻覚、発作などの中毒症状を引き起こしたというものです。

ですが、麦角中毒を特徴づける胃腸の不調や、顔面蒼白、過剰な食欲といった症状は、セイラムの少女たちには見られませんでした。また、麦角中毒では虹色、後光、残像などの幻覚症状が現れるのに対し、少女たちは輪郭のはっきりした像が襲って来ると訴えていました。

抗NMDA受容体抗体脳炎の進行は、インフルエンザに似た初期症状から始まります。数週間で、患者は神や悪魔のことで頭がいっぱいになり、妄想や不眠で苦しむようになり、同じ言葉を繰り返し唱えたかと思うと、突然一言も発さなくなります。

さらに進行すると、発作、身悶え、手足のねじれ、口や舌が奇妙に同じ動きを繰り返す現象が始まります。脈拍や血圧は昇降を繰り返し、大量の汗と涎を垂らし、苦痛に顔を歪めます。そして、一定の姿勢を長時間保ったかと思うと、突然昏睡状態に陥るのです。

NMDA受容体は、行動、学習、記憶だけでなく、シナプス間の信号伝達を行い、神経可塑性を与える役割を担っています。NMDA受容体を攻撃する抗体は、何らかの感染症によって起きる自己免疫反応の一部として生まれると考えられています。

抗NMDA受容体抗体脳炎を患った女性の中には、卵巣内に毛髪、歯、骨が集まって形成された奇形腫を持っている例が見つかっています。こうした腫瘍には、NMDA受容体を持つ神経組織が含まれています。これらの受容体が抗体の生産を引き起こし、脳や腫瘍に含まれるNMDA受容体と交差反応するのです。

異常行動と「抗NMDA受容体抗体脳炎」の関係

ザンディ氏らがセイラムの少女たちの症状に関する記述を分析した結果、不安、被害妄想、幻覚、発作といった抗NMDA受容体抗体脳炎の症状が少女たちにも見られることが判明。

また、抗NMDA受容体抗体脳炎に見られるジスキネジア(自分の意志とは無関係に身体のどこかが勝手に動いてしまう不随意運動)や、緊張病の症状(不自然な状態の姿勢を緊張から維持し続ける症状)に似た記述もありました。さらには、「口の動きが止まり、喉が詰まって息ができなくなった」という記述は、抗NMDA受容体抗体脳炎における脳が腫れ上がることで発声ができなくなる現象に類似しています。

では、感染性ではない抗NMDA受容体抗体脳炎が、なぜ同時に複数の少女にあらわれたのでしょうか?ザンディ氏は、その他の自己免疫疾患が遺伝性であることを理由に、従姉妹同士のベティとアビゲイルが同じ病気を抱えていても不思議ではないと説明しています。また、他の少女たちのケースは、「宗教コミュニティの中で無意識に悪魔としての役割を演じる」など、社会政治的因子が関係しているのではないかと、サンディ氏は語っています。

 

抗NMDA受容体抗体脳炎に掛かっていた少女がたとえ1人だけだったとしても、有力候な新説の1つになることは間違いないでしょう。歴史における神秘的な事案にこうした科学的知見が加わることで、「魔女」とされた彼女たちの名誉も少し挽回されたかもしれませんね。

生きたまま人間の皮を剥ぐ儀式「シペ・トテック」神を祀る寺院の遺跡を発見

reference: bbc / translated & text by まりえってぃ

SHARE

history_archeologyの関連記事

RELATED ARTICLE