頭痛や老化も?「寝る姿勢」が健康に与える意外な影響とは

Credit: Pixabay

私たちは、平均して25年間を睡眠時間に費やしています。
良質な睡眠は体に活力を与えるだけでなく、脳を最適に機能させることにつながります。

良質な睡眠を保つためのコツの一つが、「寝ている時の姿勢」です。今回は海外メディアで紹介されていた、様々な「寝る姿勢」をご紹介いたします。ぜひ、自分に合いそうな「寝る姿勢」を選んでみてください。

兵士型

 

仰向けで、両腕を体の横に伸ばした姿勢は最も良い寝相と言えます。
この姿勢は、ヨガのサバサナのポーズに似ています。そして、この寝相は「兵士型」としても知られています。さらに、この寝相は、多くの健康的とされる長所があることでも知られています。

長所:

・背中、首、腕を休ませるのに最も適した姿勢であること
・身体全体の姿勢を改善させる
・胃酸の逆流を減少させる
・若々しい胸を保つ(胸の下垂や型崩れをしない)
・不眠症の改善
・頭痛の改善
・顔のシワを防ぐ

短所:

・睡眠時無呼吸症候群を悪化させる可能性がある
・胎児に悪影響を及ぼす可能性がある
・腰痛を引き起こす可能性がある

解決策:

・枕を使わずに寝てみることで自然な体勢になり、いびきが軽減される
・大きな枕を膝の下に置くと、腰の自然な曲線を保つのに役立つ

次ページヒトデ型

1

2

3

4

5

6

>

あわせて読みたい

SHARE