生産性を高める6タイプの音楽

culture 2019/01/27

音楽は、ただ単に「娯楽」として存在しているだけではありません。ときに私たちは音楽によってクリエイティビティを刺激され、またあるときはセラピーのような効果によって、ストレスが軽減されることもあります。

さらにセラピー効果だけでなく、仕事の「生産性」を高めてくれる効果もあるのです。ここで紹介するのは、あなたの生産性を向上させてくれる「6タイプ」の音楽。この中から自分にピッタリのものを探してみましょう。

1.クラシック

モーツァルト効果」に代表されるように、クラシックの名曲には脳の活動を活性化させる働きがあることが、研究者らが長らく主張するところです。実際に多くの研究が、クラッシク音楽が人の空間認識能力などを向上させ、パズルなどを解く能力を高めてくれることを報告しています。

クラッシクには「歌詞がない」ことが、その要因の1つとして考えられています。歌詞を含んだ音楽は、あなたにとって集中の妨げとなってしまうでしょう。クラシック音楽によって学生のテストの成績が12%も向上したといった報告もあります。ベートーヴェンの「エリーゼのために」のような曲が、学習時には最適のようです。

2.自然の音

「波の音」や「さらさら流れる小川の音」など、自然界から得られる音は、認知機能や集中力を高めてくれるものとして知られています。それらの音は「穏やか」であるほど望ましく、「鳥の声」などは逆に集中力を奪ってしまうものであるとされています。

レンセラー工科大学の研究者らは、「職場」における研究により、自然の音が職場のBGMとして流れていた場合に、従業員の生産性が向上し、彼らがポジティブな気分に浸れていることを発見しました。これは、自然の音が同僚のおしゃべりやタイピング音をうまく遮ってくれたことが要因として考えられます。

3.映画音楽

卓越した映画音楽は、あなたを強くインスパイアしてくれる「仕事のお供」となります。たとえあなたが日常のささいなルーチンワークをこなしているだけであったとしても、荘厳な映画音楽がそこにあれば、あなたは世界を変えるタスクの途中であるかのような気分になり、生産性が大きく向上するでしょう。

あなたの気分を高揚させてくれる映画音楽は、まさに「力」そのもの。もし疲れ果ててやる気が出ないときは、壮大な映画音楽に耳を傾けてみましょう。どこからともなく、あなたに新たなモチベーションが湧いてくること間違いなしです。

4.ゲーム音楽

不思議に感じるかもしれませんが、ゲーム内で流れる「ゲーム音楽」には、あなたの集中力を高める効果があります。ゲーム音楽はゲーマーの感覚を研ぎ澄まさせるためにデザインされたものであり、そこに耳障りな響きはありません。

クラシックと同様に「歌詞」もなく、一般的にピッチの速いゲーム音楽は、あなたの作業を自然に前へと進めてくれます。ゲーム制作会社は、ゲームの中でどのように音楽を使用するかについて多くのリソースを割いており、ゲーム音楽は実はとてもクオリティが高いものなのです。

5.1分間に50~80ビートの音楽

研究の中には、大事なのは音楽の「ジャンル」なのではなく「テンポ」であるとするものがあります。認知行動療法のセラピストであるエマ・グレイ博士は、音楽ストリーミングサービス Spotify との共同研究の中で、「50~80ビート」の音楽が、最も脳をアルファ状態に変化させやすいことを発見しました。

音楽を聞いていると不思議と心地よくなって、そのうち音も聞こえなくなり、深い思考ができるようになった体験をしたことがありませんか?それこそが音楽によってもたらされた「アルファ状態」です。「50~80ビート」の音楽のプレイリストが Youtube で公開されていますので、ぜひ試しに聴いてみましょう。

6.好きな音楽

当然といえば当然かも知れませんが、最後に紹介するのは「自分が好きな音楽」です。複数の研究が、お気に入りの音楽があなたの生産性や気分を高めてくれることを明らかにしています。

マイアミ大学のテレサ・レジーク氏は、自身の研究の中で、スキルが必要な仕事において「自分が好きな音楽」を聴きながら仕事を進める人のほうが、そうでない人と比べて速く仕事を完成させ、いいアイデアを生み出しやすいことを明らかにしています。

 

もちろんどの音楽においても、その曲が好きすぎて聴いているうちにノリノリになってしまっては元も子もありません。しかし、いつもペーパーワークに集中できずに悩んでいる人は、色んなナンバーを試してみる価値はありそうです。

 

reference: entrepreneur / written by なかしー

SHARE

TAG

cultureの関連記事

RELATED ARTICLE