世界のどこかに眠っている16ケースのウィスキーを探せ

mystery_spots 2018/02/05

およそ50年前、カナディアンクラブウィスキーが25ケースのウィスキーを地球上のどこかに隠し、そのヒントを広告で発表しました。しかし、場所が難解すぎて、そのうちの16ケースが未だに未発見です。冒険とウィスキーを味わいたい方には、心躍る挑戦かもしれません。

16 Cases Of Canadian Club Whiskey Have Remained Hidden For Nearly 50 Years
http://wackulus.com/like-whiskey-try-unconquered-48-year-old-challenge/

始まりは、ハイラム・ウォーカーが1830年代にデトロイトの雑貨屋でりんご酒を作ったところでした。蒸留技術を磨き、強い酒を作れるようになりましたが、禁酒法の元デトロイトで作れなくなったので、対岸のカナダに工場を作って操業を続けました。アメリカの法律でボトルに原産国を記すようにされた後、ウォーカーはウイスキーのラベルにカナディアンクラブウィスキーと記すようになりました。その後、1920年代にアメリカ全土でアルコールが全面的に禁止された後も、アル・カポネなどのギャングがカナディアンクラブのお酒を好んで買っていたそうです。

1967年Hiram Walker and Sonsは、“Hide a Case”と名付けたキャンペーンを開始しました。それは、北極点やグレートバリアリーフ、デスバレーやキリマンジャロの頂きといった世界中の人里離れた辺境に25ケースのカナディアンクラブウィスキーを隠すというものです。それから、そのヒントを様々な雑誌や販売店に広告として出し、冒険家たちに無料のウィスキーを探して世界中を周り、パズルを解くようにチャレンジしました。

Credit: wackulus

25個の最初に隠されたケースの内、16個は発見されました。このキャンペーンは数年に渡って繰り返されました。その中には、極限の冒険や旅行に費やす時間もお金もない人に向けて、より到達しやすい場所に隠されたものもあります。ある一連の手がかりは、ニューヨークの高層ビルのてっぺんにあるケースで終わっていました。ごく最近だと、2010年にこのチャレンジはソーシャルメディアを巻き込んで復活しました。そこには数千人もの潜在的な冒険家たちが登録していて、様々なオンラインのタスクを競い合っています。そして、その隠されたオリジナルのケースと10万ドルの賞金を得るためにその場所を特定しようと挑戦しています。最後の挑戦者は、その旅の中の様々なヒントを解くために競い合い、カナダからスタートしてニュージーランドにあるトンガの離れ島で終わりました。

しかし、いくつものケースが野生に放置されたままで、気候と自然に晒され水浸しになり見つけられることを待っています。ひどい状態のワインを飲みたいかどうかはおいても、宝物を探し出すロマンを追い求めてみてはいかがでしょうか。

 

via: Wackulus/ translated & text by Nazology staff

SHARE

mystery_spotsの関連記事

RELATED ARTICLE
%d bloggers like this: