space

「はやぶさ2」、22日に小惑星リュウグウへ着陸予定

2021.01.27 Wednesday

2019.02.07 Thursday

1枚目の画像

Point
■小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に22日に着陸予定
■アクシデントを乗り越えた「はやぶさ」をもとに作られた「はやぶさ2」
■着陸後は小惑星表面の岩石サンプルを回収し帰還する予定

地球に感動と小惑星サンプルを届けた、小惑星探査機「はやぶさ」。その後継機のミッションがついに山場を迎えます。

今月6日のJAXAの発表によると、小惑星探査機「はやぶさ2」が22日午前、小惑星「リュウグウ」へ着陸することがわかりました。「はやぶさ2」は2014年12月に打ち上げられた小惑星探査機です。2010年に小惑星「イトカワ」から岩石サンプルを回収した、小惑星探査機「はやぶさ」の後継機にあたります。

着陸成功後は、小惑星表面の岩石サンプル採取ミッションを行います。採取された資料は、地球・海・生命の起源と進化の謎を解き明かす重要な鍵となりそうです。

想定より大幅に狭まった着陸可能場所

2枚目の画像
着陸予定地付近の地形画像。緑の円と中心点は着陸候補地

実は以前、「リュウグウ」への着陸は延期されています。原因は、「岩しかない」と評された「リュウグウ」の凹凸の多い地表面。安全に着陸できる場所が確保できず、着陸計画は困難を極めました。

当初の想定では「1辺100m程度の安全着陸可能なエリアを探し、その中央から降下を開始すれば安全に着陸できる」はずでした。しかし、実際に確保できた着陸エリアは直径6メートル程度。この着陸エリアの探索や、太陽との位置関係に左右される通信状況などの事情により、当初の2018年10月から4ヶ月遅れることになったのです。

次ページ活かされる「はやぶさ」の失敗

<

1

2

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!