マーズワンを覚えてますか?破産で潰れそうです。

space 2019/02/13
Credit: Mars One
Point
■火星への移住計画で注目と資金を集めた非営利団体マーズワン
■選抜や地上での訓練をリアリティーショーとして放映することで資金を賄うとしていた
■営利部門であるマーズワンベンチャーの運営資金がなくなり、破産したことが判明

マーズワンプロジェクト」を覚えていますか?

火星に片道切符で人類を送る計画である「マーズワンプロジェクト」は、火星への旅をリアリティーショーとして放送することで資金を得るとするものです。かねてよりプロジェクトの延期などで、その実現は不安視されていました。

そして今回、オンラインで公開されている財務文書によって、プロジェクトを運営するオランダの民間非営利団体「マーズワン」が破産していたことがわかりました。

共同設立者であるバス・ランスドルプ氏は現在、会社の財政的な苦境に対して解決法を探して奔走しているとのこと。しかし、火星移住のスタートアップとしてはすでに望みはなさそうです。

このニュースが最初に報じられたのは、海外の掲示板”Reddit”でした。あるユーザーがマーズワンの精算を示すスイスの財務文書へのリンクを投稿したのです。

Credit: Mars One Project / マーズワン計画における火星表面での居住イメージ

マーズワンには2つの部門があります。営利目的のマーズワンベンチャーと、非営利のマーズワンファウンデーションです。そして運営費を使い果たしたのは、マーズワンベンチャーとのこと。

ランスドルプ氏は、非営利部門も資金が得られなかった場合、運営することはできないと話しています。

 

火星への片道切符に多くの希望者が集まり、注目を集めたマーズワンですが、残念な結果に終わりそうです。しかし、火星への有人ミッションの夢が潰えたわけではありません。NASAや民間企業であるスペースXは、火星に人を送る計画を持っており、準備を進めているのです。

火星に積むエンジンを最小化するための新技術が考案される

reference: Science Alert / written by SENPAI

SHARE

TAG

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE