brain

脳のニューロンが「ワイヤレス接続」を行うことが判明 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2019.02.22 Friday

離れていても電場で活性化するニューロン

もっとも驚くべきは、完全に切り離した2つの脳組織片を物理的に近い場所に置くと、電場がその隙間を通ってニューロンを活性化することでした。研究チームは、マウスの海馬のスライスが完全に切り離されていることを確実にするため、切り分けた2つの組織片を、外科用顕微鏡で見てはっきりと隙間が空いた状態に並べました。

この事実に驚愕したのは、ドゥランド氏らの研究チームだけではありません。この話を聞いた研究者の誰もが、度肝を抜かれました。

同じことがヒトの脳でも行われているかどうかを突き止めるにはさらなる調査が必要ですが、あらゆる点でショッキングな科学的事実が得られたことは間違いありません。

「睡眠中や睡眠に近い状態の時に、大脳皮質や海馬組織で自然に生まれるゆっくりとしたリズムと、今回発見されたコミュニケーションが関係しているかどうかはこれから調べることですが、おそらくはそのリズムが電場を生み出しているはずです」と、ドゥランド氏は語っています。

 

驚異的なニューロン同士の「無線コミュニケーション」。外からは見えない脳の内部で、目には見えない摩訶不思議なやりとりが行われているかもしれません。

実験室で培養された「ミニブレイン」から初めて人間のような「脳波」が確認される

reference: sciencealert / translated & text by まりえってぃ

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!