産まれた順番は性格に影響を与えないという研究

education 2019/03/18
Credit: depositphotos
Point
■一般的に、兄弟姉妹の中で「産まれた順番」が性格に大きな影響を及ぼすとされている
■多くの研究がこれを否定しており、先週にも新たな関連研究が発表された
■ 私たちが誤った解釈を持つようになったのは、文化的な背景などが原因であると考えられる

兄弟姉妹を持つ人にとって、産まれた順番は性格形成に影響を与えるといった理解が一般的です。長男長女は家族の中で自分の居場所を獲得しやすく、成長とともに知性や責任感を発達させ、従順な性格を得やすいとされています。

一方で長男長女より後に産まれた者は、両親の注意を引くような行動やリスクの高い行為をみせ、クリエイティブな異端児になっていく傾向があるといわれています。

しかし、近年これに疑問を呈するいくつかの研究がおこなわれています。そうした新たな研究の波は、これまでよりさらに大きなデータセットや、確立された統計メソッドによって支えられているものです。先週にも「Proceedings of the National Academy of Sciences」において新たな研究が発表されています。

No effect of birth order on adult risk taking

https://www.pnas.org/content/early/2019/03/05/1814153116

弟、妹ほどリスクを取りやすい?

この研究は、「探検家や革命家の伝記からのデータ」「ドイツにおける11,000の世帯調査」そして「Basel-Berlin Risk Studyと呼ばれる精巧なアセスメント」といった3つの観点から調査がなされています。Basel-Berlin Risk Studyでは、インタビューや実験を通して1,500人に対してリスク傾向が調べられました。

そこでは、被験者に対して「速すぎる速度での運転」や「避妊具無しでの性行為」そして、その他の危険を伴う行為に関する質問がなされました。また、シンプルな実験もおこなわれています。それはたとえば、被験者が無条件で10ドルもらえる選択肢を選ぶか、あるいは10%の確率で100ドルがもらえるギャンブルをするのかといったようなものです。

そして研究の結果、どの測定においても長男長女ではない人々がリスクを取りやすいといったような傾向はあらわれませんでした。ライプツィヒ大学の心理学者 Stefan Schmukle 氏は、「この研究は、リスクを取る行動に関して産まれた順番が関係ないことを、非常に明確かつ説得力のある形で示しています」と語っています。

「文化的な背景」による影響

Credit: depositphotos

前述したように、他にも産まれた順番が性格に影響するといった迷信を否定する研究は多く存在していますが、私たちの中にはすでに先入観があります。それについては、長男が家業や家の財産を相続してきたといったような文化的な背景が私たちの考え方に影響を与えている可能性があります。

また、私たちは「産まれた順番」と単なる「年齢」を混同しがちであるともSchmukle 氏は指摘します。たとえば真面目さや良心は、成長とともに育まれていくものです。年の差がある兄弟間で、そうした面での違いがあらわれるのは当然のことといえるのです。

マックス・プランク教育研究所の心理学者である Ralph Hertwig 氏は、子どもの頃の性格が産まれた順番から影響を受ける可能性は残るとしつつも、そうした影響も大人になれば関係がなくなるとしています。

Hertwig 氏は、「産まれた順番に関する研究は100年にわたります。その中で、私たちは真実へと近づきつつありますが、まだ完全に理解できたとはいえないでしょう」と語っています。

兄弟間でイジメにあうと精神病にかかりやすくなるという研究が発表

reference: washingtonpost / written by なかしー

SHARE

TAG

educationの関連記事

RELATED ARTICLE