【4万RT】10秒でできる!座りっぱなしオフィスワーカー必見のストレッチ5選

life 2019/03/31

 

一日ずっと座りっぱなしでPCに向かっているオフィスワーカーの方、仕事が終る頃にはあちこち凝っていたり、痛かったり…つらい経験があるのでは。

先日、鍼灸師でパーソナルトレーナーの柴雅仁さんがツイッター上であるストレッチを紹介したところ、なんと4万8千RTの大反響。

ネット上でも、「長年のコリが改善した」「整骨院の指導よりわかりやすい」と歓喜の声があがっています。

そんなわけで今回は、話題の柴さんに「座りっぱなしのオフィスワーカーがやられがちな部分を正せる10秒ボディワーク」をご紹介いただきます。

【1】肩対策

・脇の下を熱くなるまで摩擦する

・押さえたまま腕を前後に5回ずつ回す

ツイッターで最も話題になった、肩こりに効く腕回しです。

肩がこってる人、痛い人 の多くは肩に力が入り上がりやすいです。これを解消するには肩を下げられるようにすること。肩を下げる筋肉が脇にあります。 このワークをすると、肩が下がって動きがスムーズになり、コリや痛みが緩和します。

【2】背中対策

・へそから指4本の場所に両手の指を差し込むようにほぐす

・次に仰向けになってバンザイしながら10回深呼吸

肩甲骨や背骨が固い、 肩や背中が張る・痛いという人は、胸やお腹が固いです。これらの筋肉は肩甲骨や背中と繋がっているため一緒に固くなってしまいます。 このワークは肩甲骨や背中周りが緩み、更に背筋も伸びます。

【3】腰対策

・おしりの両側に指を押し当てゴリゴリとほぐす

・次に椅子に座って片方の足を膝の上に乗せ、上体を倒す。反対の足も同様に。

【5】眼・頭痛対策

・眉毛の一番内側のすぐ下に深いくぼみに親指を当て、斜め上に押す

目が疲れてシパシパする、そこから頭痛もする。 そんな方にオススメなのがこのツボ押し。目の筋肉は頭の筋肉と繋がりがあるため、ほぐすと緩んで眼精疲労も頭痛も緩和します。

目のツボをもう1つ。

・眉毛の真ん中の少し下におりたところにあるくぼみを斜め上に向かって押す

目がスッキリして、頭痛も緩和させることができます。 グリグリ押しすぎると痛みが出るので、痛気持ち良いぐらいの強さで押していきましょう。

柴さんによると、筋肉を摩擦するのは「摩擦の熱を持つことで、対象の筋肉を意識しやすくすること。眠っている筋肉を目覚めさせてあげることが目的」なのだそうです。摩擦したり軽く叩いてあげるのも良いそうですよ。

他にも色々なストレッチやテクニックが豊富に紹介されているので、気になった方は柴さんのツイッターやHPもぜひご覧くださいね。それでは、良いオフィスワークを。

柴さんのツイッターはこちら→https://twitter.com/PT_shiba
ブログはこちら→https://selfcare-lab.com/

腰痛は「早死に」につながる?悪化を恐れて活動を避けることで生じる悪循環とは

written by Nazology staff

SHARE

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE