人はなぜ「ランニング中毒」になるのか?

life 2019/03/27
Credit: pixabay
Point
■走ることをやめられず、心身がボロボロになるまでランニングを続けてしまう「ランニング中毒」の人がいる
■これは走ることがアイデンティティの一部となってしまう症状であり、ランニングをやめることは自我の崩壊を意味してしまう
■ こうした罠にハマらないためにも、あくまでもランニングが健康維持への選択肢の1つであることを意識することが重要である

健康のためのランニングで、逆に健康を損なう人がいるとは…。

ダイエットのために始めたランニング。週1回だったものが週3回、週5回に増え、それが毎日の日課となり、距離も延ばしてやがてどんなに疲れてボロボロになってもランニングがやめられないーー。世の中にはそういった具合で「ランニング中毒」になってしまう人がいます。

走ることが心身に与えるいい影響については明らかです。しかし、やりすぎてしまえば話は別。そこでは「走りたい」といった欲求から「走らなければならない」といった義務へのシフトが起こっている恐れがあるのです。

走り続けることの「罠」

ランニングを始めると、当然ながら体が絞られます。すると洋服をクールに着こなせるようになり、会社の同僚や友人からポジティブなコメントをもらえるようになるでしょう。そして徐々にスピードが上がり、タイムも向上していけば、さらに走る意欲が増していきます。

そして今までどおりの走りでは満足がいかなくなり、5kmだった距離が10kmとなり、ふだんは同僚とおしゃべりしながら息抜きをしているような時間がそこに割り当てられます。しかし、あなたはそんなことは一向にお構いなし。なぜなら走れば走るほどにあなたは周囲から認められ、自尊心が満たされるからです。そして10kmはやがてハーフマラソンになるでしょう。

Credit: pixabay

危険なのは、ここでのあなたの価値が「ランニング」に結びついてしまっているということです。言い換えれば、ランニングがあなたのアイデンティティの一部になってしまっているのです。だとすれば、もしあなたが走ることを止めてしまえば、あなたはいったい「誰」になってしまうのでしょうか?

あなたは自分の価値を保つためにランニングを続けています。走れば走るほどに自分の価値を高められるあなたは、ついにはこんな信念を抱いてしまうのです「走り続けなければならない。さもなくば価値のない『誰でもない人間』に成り下がってしまうんだ」

ランニングは1つの選択肢に過ぎない

そうした信念は、アルバート・エリスが提唱した「論理療法」などといった心理療法のもとでは不合理なものとみなされ、アルコール依存症やインタネット中毒といった症状にも高いリスクを示すものです。そのような考え方は、モチベーションを高めてくれるようにも思えますが、実際には心身に多大なる負担を強いるものとなってしまいます。

こうした症状を改善するためには、不合理な信念を合理的なものへと変換して、より健全なモチベーションを持つことや、レジリエンスを強化することが必要となります。つまり、「走らなければ価値がない」といった信念を、「走りたいけど走らなくてもいい。走らなくても誰にも失望されないし、自分の価値がなくなるわけではない」といったものに変えてあげなければなりません。

Credit: pixabay

ケガをしたアスリートなども、しばしばそうした信念に苦しまされることがありますが、その場合には、こうした合理的な考え方が復帰への近道となります。もしあなたが「ランニング」と良好な関係が築けていないと感じているのであれば、ランニングは1つの選択肢に過ぎないことを意識することが重要です。良きランナーであれば、あなたが良き人間であることを意味しないように、質の低いランナーであることが、あなたの人間としての質が低いことを意味しているわけではないのです。

現在ランニングを続けている人も、これから健康のために走り出そうと考えている人も、こうしたトラップに注意することが必要です。さもなくば、自分を向上させようとして始めた習慣に、逆に飲み込まれて自分を見失ってしまう可能性があるのです。

あなたは大丈夫?燃え尽き症候群の14の特徴 「無関心」「結果主義」

reference: independent / written by なかしー

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE