炭酸飲料「ウィルキンソン」がラボの危機を救った!? 科学的機転にネット民が称賛

science_technology 2019/03/28
Credit:amazon.co.jp
Point
■培養に使われていた細胞用のガスボンベが切れ、炭酸飲料の「ウィルキンソン」で乗り切るというツイートが話題に
■細胞全滅の危機を救った、齋藤准教授の機転と「ウィルキンソン」の実力を賞賛する声が多数寄せられる

ぼくらの炭酸飲料「ウィルキンソン」は救世主だったみたいです。

先月のある金曜日の夜、秋田県立大学の研究室内で、培養中だった細胞用の炭酸ガスが突然空になってしまうという事態が発生しました。新しいガスボンベは、週明けにならないと届かないというピンチ。

このまま放っておけば、培養中の細胞は全滅してしまいます。その危機に、研究室の齋藤敬(さいとうたかし)准教授は、炭酸飲料「ウィルキンソン」を代用する、という大胆な方法に打って出たのです。

齋藤氏は、大学内の売店にて、500mlの「ウィルキンソン」2本を購入し、インキュベータ内で開封して置きいれたとのこと。

そして、運命の月曜日…細胞はすべて無事に生き延びていたのです!

この天才的な機転に対し、Twitter上では、「これが化学者というものだ!…脱帽!」「身近にあるもので代用して乗り切るってまさに科学」といった賞賛の声が多数寄せられています。

万事休す!細胞全滅のピンチ

「炭酸ガス培養」という方法では、培養する細胞の環境(インキュベータ内)を「CO2濃度5%」に保っておく必要があるんだとか。これは動物細胞で多く用いられ、細胞を取り出した生体内の環境に近づけておく、という理由があります。

多くの細胞培養液は「pH」が色で分かるようになっており、炭酸ガスがあっても細胞の老廃物が多すぎると酸性を示す黄色に。炭酸ガスが保たれて、細胞も良い状況にあれば中性を示すオレンジ色になります。

しかし、炭酸ガスが不足すれば培養液はアルカリ性を示す紫色に…。これは「細胞の死」を意味します。

Credit:depositphotos

研究室で使用されていたインキュベータは古いもので、容積のデータが見つからなかったようです。そこで、寸法を外側から測り、容積を仮に計算して43Lとしました。すると、インキュベータ内を5%に保つには、CO2がおよそ2L必要になります。

そこで齋藤氏は、ネット上で「ウィルキンソンは4.0GV(溶存気体/液体体積比)」という情報を知り、「それなら500mlのウィルキンソン1本で2LのCO2が得られる」と判断したのです。

ちなみに、「4.0GV」とは、「液体の体積の4倍のガスが溶け込んでいる」ということなので、「500mlウィルキンソン」1本には、2000mlのCO2が溶けているというわけですね。

「ウィルキンソン」が「強炭酸」の実力を発揮!

インキュベータが43Lだとすれば、ウィルキンソン1本でCO2濃度は4.7%となる計算です。それから齋藤氏は「ウィルキンソン」をインキュベータ内に入れてから、扉を閉じるまでのガスの抜け具合も予測して、さらに1本を追加。ペットボトルの全体をエタノールで消毒してから、キャップを緩め、すぐに扉を閉めました。

そして月曜の朝、インキュベータの示すCO2濃度は2.7%でしたが、細胞培養液の色は5%のときと同じオレンジ色。そして培養中の細胞もすべて問題なく生存していたのです!

これについて齋藤氏は「標準外の使い方のため、インキュベータのCO2センサも対応しきれなかったのでは」とコメントしています。

 

ウィルキンソンの実力…おそるべし。さすが強炭酸と言われるだけありますね〜。

不思議実験セット「さわった瞬間 水が氷る!」をやってみた

written by くらのすけ

SHARE

TAG

science_technologyの関連記事

RELATED ARTICLE