life

ダイエッターの夢「マイナスカロリー食材」の存在が研究で全否定される (2/2)

2019.04.20 Saturday

オイシイ話にご用心

しかし、これまでその考えを実験によって証明しようとした研究はほとんどなかった。あるいは研究に落とし込むのもバカらしいと思われていたのかもしれないが、今回の研究はそうした観点からも意味を持つものといえよう。

今回実験に使われたトカゲは「アゴヒゲトカゲ属」に属するものであり、それほど人間と進化の過程の系統樹が近いわけではないが、両者ともに雑食動物であり、消化管や消化のプロセスが似通っているといった共通点もある。

1枚目の画像
Credit: dhobern

この研究では、たった1種の生き物に1種の食材しか与えられていないが、研究者らが立てた仮説によれば、人間がセロリだけでなく、ブロッコリーやキュウリなどのマイナスカロリー食材とされるものを複数食べたとしても、およそ1/4のカロリーが体内に残ることは変わらないようだ。

 

毎年のように生み出される「新たなダイエット法」だが、その事実自体が、ダイエットに成功している人がわずかであることを証明している。食欲を満たせば満たすだけ痩せられるーー。そんな恐ろしくオイシイ話は、やはり存在しなかったようだ。

18時以降食べないダイエットを研究者が実験!12週間で3%体重が減少

reference: livescience / written by なかしー

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

ライフスタイルlife

もっと見る

Special

注目pick up !!