睡眠不足な女性必見! ココアを飲むとパフォーマンスが向上するかも

life 2019/04/29
Credit: depositphoto
Point
■ココアフラボノイドで失われた認知機能を取り戻せる可能性
■チョコレート飲料の成分であるフラボノイドを摂取すると、高齢者では認知機能が改善し中高年では作業効率が改善、女性では睡眠不足による認知機能の低下が改善
■ただし大量摂取による副作用には注意が必要

チョコ摂取の良い言い訳になりそう。

イタリアのラクイラ大学の研究グループによって、ココアなどのチョコレート飲料で失われた認知機能を取り戻せる可能性があるという研究結果がまとめられた。

Enhancing Human Cognition with Cocoa Flavonoids

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnut.2017.00019

シフト制で働く人にも効果あり!カカオフラボノイドの脳活動への影響

研究チームは、ココアフラボノイドを短期的に、あるいは長期的に摂取した場合、脳活動にどのような影響が出るかについて文献を調査した。

中でも、チョコレートの成分であるポリフェノールを摂取した高齢者を 長期に渡り追跡した調査で、認知機能が改善していることがわかった。

特に改善されていたのは注意力、記憶力、言語の流暢さだ。軽度の認知障害が始まった人々にもよい効果を発揮したという。

Credit:pixabay

中高年を対象にした研究では、ワーキングメモリの作業効率の改善が見られた。ワーキングメモリとは何かの作業をする間に情報を一時的に保存する場所で、この場合は短期記憶という意味合いだ。

また女性が睡眠不足のあとココアを飲んだ調査では、睡眠不足による認知機能の低下が改善されていた。これは慢性的な睡眠不足に苦しんでいる人々、または変動的なシフトで働いている人々にとっては嬉しい結果だ。

これらの結果を裏付けるのは、フラボノイドが脳の血流を増加させるという事実だ。脳の血液量の増加によって、認知機能が改善されていると考えられている。

Credit:pixabay

副作用にも注意したい

一方、美味しくて脳にも良い効果があるチョコレートだが、副作用への注意も必要だ。

チョコレートにはテオブロミンという有害な化学物質も含まれている。テオブロミンは利尿剤などの薬としても使われているが、大量摂取すると毒になる。人間が毒になる量まで摂取することはまずないが、犬などの小動物に与える際は注意してほしい。

またチョコレート飲料には砂糖やミルクがたっぷり加えられているものもあり、カロリーの摂りすぎもに注意が必要だ。

 

チョコレート好きには嬉しいニュースだが、やはり飲み過ぎにはくれぐれも注意しよう。認知機能だけでなく、体重まで取り戻してしまったら元も子もない。

「チョコレートは認知機能に良い」と初めて確定する。さらに記憶やストレス、免疫にも効果あり

reference:sciencealert text by Nazology staff

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE