2分のプレイで研究データ5時間分!スマホゲームでアルツハイマー研究が格段に進むかもしれない

culture

Credit:TELEKOM
Point
■スマホゲーム『シー・ヒーロー・クエスト』は、アルツハイマー研究のデータ収集を目的に開発された
■アルツハイマー患者は2050年までに1億3500万人に達すると予測されている
■プレイ内容は科学データとして収集され、自動でドイツのデータセンターに転送される

『シー・ヒーロー・クエスト(Sea Hero Quest)』はドイツテレコム社とイングランド・イーストアングリア大学、他数校が2016年に共同開発した無料スマホゲーム。

アルツハイマー研究のためのデータ取集を目的としており、プレイヤーの記憶力・空間認知力をデータとして算出できるそうだ。現在、世界中には430万人を超えるプレイヤーがいる。

遊んで楽しく、医療研究にも役に立つ。まさに1粒で2度美味しいアツいゲームだ。

研究の詳細は、4月23日付けで「PNAS」に掲載されている。

Toward personalized cognitive diagnostics of at-genetic-risk Alzheimer’s disease
https://www.pnas.org/content/early/2019/04/23/1901600116

アルツハイマー患者は2050年に1億3500万人

主任研究員のマイケル・ホルンベルガー氏は「2050年までにアルツハイマー患者は1億3500万人にまで増加するだろう」と話す。そのため病気の早期発見と治療法改善は急を要するものだ。

しかし不幸なことに、アルツハイマー診断の要である「記憶力の低下(認知症)」は、症状が進行した後期段階でしか発見されない。しかもアルツハイマーにおける脳の変化は、目に見える症状が現れる10年以上前にすでに始まっているそうだ。

Credit:pixabay

その初期徴候が空間における認識・方向感覚の低下だと言う。そして空間認知力をテストして、データを収集することのできるゲームが『シー・ヒーロー・クエスト』というわけだ。

『シー・ヒーロー・クエスト』はRPG!

『シー・ヒーロー・クエスト』は、ボートに乗り込んだプレイヤーが海上の孤島や氷河の迷路をくぐり抜け目的地まで航海するというRPG方式になっている。

さらに地図は覚えたことが確認できると見れなくなるらしい。まさに「空間認知力」と「記憶力」を要するゲームだ。

地図は覚えたら消えてしまうゾ/Credit:youtube

プレイ内容は0.5秒ごとに科学的なデータとして収集され、それを元にゲームに搭載されたアプリがプレイ効率を算出しドイツのデータセンターに送信する。プレイ効率は、アルツハイマーの疑いがある人とそうでない健全な人とでは大きな違いが見られるそうだ。

このゲームがすごいのはそれだけではない。

なんとたった2分のプレイ時間で収集したデータは、実際の医療診断5時間分に相当すると言う。現在、世界中から得られた総プレイ時間を換算すると、医療診断1700年分(!)に当たるらしい。

カエルのオバケにホットドッグを投げ込むシュールな展開もあるようだ/Credit:youtube

しかもあらゆる国や文化に属する人のデータが得られるのも大きなメリットとなっている。『シー・ヒーロー・クエスト』はApp StoreやGoogle Playなどから無料でゲットできるようだ。

【追記あり】ゲーム内宇宙空間でゲーマーが遭難、3ヶ月を経て救出へ

あわせて読みたい

SHARE

TAG