「60年以内に小惑星が地球に落下する」 NASA長官が驚きの発言!急げ防衛対策!

space

Point

■NASA長官が「今後60年以内に地球に大きな被害を与える小惑星がやってくる」と指摘

■過去の隕石衝突の記録を分析すると、60年周期で落下していることが判明

■現在NASAは、小惑星に「インパクター」を高速でぶつけて軌道を変える「DART計画」を進行している

「審判の日」は近いか…

NASAのジム・ブライデンズティーン長官は、今週月曜、ワシントンで開催された「地球防衛会議(Planetary Defense Conference)」にて「地球に壊滅的な被害を与える小惑星が今後60年以内にやってくる」と驚きの発言をした。

同氏は「これはハリウッド映画でもなんでもない。直ちに小惑星衝突に対する防衛を強化するべきだ」と続けている。

NASAは今後、FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)などと協力して、小惑星衝突のシミュレーションおよび防衛訓練を進める予定だ。

演説を行うNASAのジム・ブライデンズティーン長官

小惑星衝突は60年周期で起こっていた

ブライデンズティーン長官によると、小惑星の衝突は平均して60年周期で起こっており、過去100年間だけでも3度の落下が記録されているそうだ。

中でも2013年に起きた「チェリャビンスクの隕石落下」は記憶に新しい。

これはロシア・チェリャビンスク州付近に隕石が落下し、空中で大きな爆発を起こした事件である。記録では「ツングースカ大爆発」以来最大の隕石落下で、爆発の威力は広島に落とされた原子爆弾の20〜30倍に匹敵するという。

爆発の衝撃でおよそ1600人以上が重軽傷を負い、約4500棟の建物が被害を受けた。

チェリャビンスク州の隕石落下/Credit:ja.wikipedia

この周期を考慮すると、今後60年以内にチェリャビンスクと同じかそれ以上の隕石が衝突する可能性がきわめて高いのだ。

同氏も「地球の防衛対策は、NASAが行なっている他の宇宙ミッションと同じく必要不可欠なものだ」と指摘している。

小惑星の軌道を変える「DART計画」が進行中

NASAは現在、地球周辺にある小惑星の90%をトラッキングしており、探索作業では459フィート以上(直径140m)の小惑星をターゲットにしている。

これは衝突すれば地球に甚大な被害を与えるのに十分なサイズだ。

その防衛対策として現在、小惑星めがけて直径2.4mの「キネティック・インパクター(kinetic impactor)」を高速でぶつけ、軌道を変えるという計画が進行中だ。

これを「DART計画(Double Asteroid Redirection Test=二重小惑星進路変更テスト)」という。

「DART計画」の手順/Credit:mirror

ターゲットとなる小惑星は双子連星の「ディディモス」で、大きい方が直径800m、小さい方が直径160mとなっている。計画では、この小さい方に向けてインパクターを衝突させる予定だ。

「DART計画」は2021年にカリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地よりファルコン9ロケットを発射させ、2022年10月に小惑星ディディモスに到達する予定となっている。

 

ブライデンズティーン長官は最後に「恐竜たちは隕石衝突に対して準備する力がなかったが、私たちにはそれがある。今こそ、その力を発揮するときなのだ」と話した。

もう『アルマゲドン』も『君の名は。』も絵空ごとでは済まされないようだ。

3,700年前に隕石が中東の一部を壊滅させた可能性があると判明

あわせて読みたい

SHARE

TAG