古代遺跡の彫刻に描かれた暗号は1万3千年前の「彗星衝突」を指していた

Credit:sciencealert

Point

■トルコ南部にある古代遺跡「ギョベクリ・テペ」の彫刻は、紀元前1万950年頃の「彗星衝突」を記録していた可能性が高い

■彫刻に施された動物たちの配置が、紀元前1万950年頃の天体の星座と一致した

■この時期は「ヤンガードリアス」という氷河期が始まっており、彗星の衝突がその原因であると考えられる

古代彫刻の暗号は、なんと「彗星衝突」の記録だった!?

イギリス・エディンバラ大学の研究によると、トルコ南部にある古代遺跡「ギョベクリ・テペ」に彫られた動物の位置が、約1万3千年前の星座の配置と一致することが明らかとなった。

この時期は「ヤンガードリアス」と呼ばれる亜氷期が始まった年代であり、彫刻の解読から彗星の衝突がその原因となっている可能性がきわめて高くなったようだ。

研究の詳細は、2017年の「Mediterranean Archaeology and Archaeometry」上に掲載されている。

DECODING GÖBEKLI TEPE WITH ARCHAEOASTRONOMY:WHAT DOES THE FOX SAY?
http://maajournal.com/Issues/2017/Vol17-1/Sweatman%20and%20Tsikritsis%2017%281%29.pdf

動物の配置が天体の星座と一致

「ヴァルチャー・ストーン」の全体像 / Credit:sciencealert

遺跡内の「ヴァルチャー・ストーン」と呼ばれる石柱には、サソリや魚など星座に用いられる動物たちが彫られている。

これらは明らかに意図的な形で配置されており、研究チームはこの動物群を天体の星座であると想定。動物の配置に該当する星座年代をシミュレートした結果、紀元前1万950年頃の天体と一致することが判明したのだ。

Credit:sciencealert

1万950年頃といえば、「ヤンガードリアス」という小さな氷河期が始まったとされる年代だ。

要するに彗星衝突の影響で舞い上がった塵が地球上を覆い、氷河期が始まったと考えられるのだ。それを示すかのように、石柱には頭部のない人の像も彫られている

これは彗星衝突による甚大な被害を示しているのだろう。

次ページ文明の転換点となった「彗星の衝突」

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG