religion

ルーン文字は「ネオナチっぽい」ので禁止? スウェーデン政府の動きに反対意見が噴出 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2019.05.23 Thursday

「ブルートゥース」もルーン文字

ルーン文字は、ヴァイキング時代の終わりまで北欧で用いられていた文字であり、キリスト教への改宗の流れの中で、徐々にラテン文字であるアルファベットへと置き換えられていった。

しかしながら、ルーン文字は装飾などの目的のために使われ続けており、人々による使用が絶えることはなかった。今日、世界で最も有名なルーン文字が使われたデザインは、間違いなく「ブルートゥース」だろう。

ブルートゥースのロゴは、アルファベットの“H”と“B”に相当する“Haglaz”と“Berkanan”といった2つのルーン文字のコンビネーションによって出来上がっている。“H”と“B”はヴァイキング時代のデンマークの王、「Harald Bluetooth」のイニシャルから取ったものだ。

日本人からすればあまり馴染みのない文字だが、こうした歴史ある文字が失われてしまうのは寂しい気もする。今後スウェーデン政府がどういった行動に出るのかは分からないが、アイデンティティの1つともいえる「文字」を保護する方向へと向かってくれることを願うばかりだ。

民間伝承と奇妙な一致。穴の空いた28体の遺体がアラスカで発見される

reference: sputniknews / written by なかしー

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

宗教のニュースreligion news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!