偉大なる変人アラン・チューリング、死後半世紀を経てついに訃報記事が掲載される