目覚まし時計のスヌーズ機能は健康に悪影響を及ぼしていた

life 2019/06/10
Credit: 打首獄門同好会/るるてあ/ナガサカシゲル

Point

■目覚ましのスヌーズ機能の使用によるうたた寝は、健康に悪影響を及ぼす

■スヌーズ機能の使用によるうたた寝は、眠気を誘発する神経化学物質をさらに多く分泌させ、概日リズムを乱す

■スヌーズ機能の使用は、夜更かしや朝寝坊への欲求が高まる十代で習慣化するケースが多い

一日の始めに私たちが毎日迫られる選択。それは、目覚まし時計のアラームが鳴ったら、さっと布団から出るか、二度寝の誘惑に身を委ねるか、という究極の二択である。もちろんどちらを選ぶべきかは分かっているのだけれど。

「あと5分だけ布団の中にいたい…」と、幾度となくスヌーズボタンを押しては夢うつつの世界を行き来する人は多いだろう。でも実は、こうしたうたた寝の習慣は、健康に悪影響を及ぼすらしい。

良質な睡眠の鍵は「概日リズム」の維持

身体・精神・行動の一日の変化のサイクルを「概日リズム」と呼ぶが、これを調節しているのが体内時計だ。

個人差があるので一概には言えないが、成人が一晩に必要とする睡眠時間は平均7.5〜8時間程とされている。これにより、ノンレム睡眠(深い眠り)・レム睡眠(浅い眠り)のそれぞれに必要な時間が、適切に確保できる。

Credit: pixabay

私たちは、ノンレム睡眠からレム睡眠への切り替えのサイクルを一晩で4〜6回繰り返す。眠り落ちてすぐのサイクルは主に深い眠りのノンレム睡眠で構成されるが、次第にサイクルは浅い眠りのレム睡眠が占めるようになり、起床直前のサイクルの多くがレム睡眠によって構成されるようになる。

このリズムを規則正しく保つことこそが、良質な睡眠にとって重要だ。リズムが乱れると、なんとなく疲れが残った状態で目が覚めてしまう。そして、それが習慣化して睡眠の質が落ちると、高血圧、記憶障害、体重増加などの健康被害に繋がる。

二度寝しても疲れはとれない

睡眠のリズムに悪影響を与える要因はさまざまだ。たとえば、イビキや睡眠時無呼吸などによって呼吸が妨げられると、正常な睡眠のプロセスが乱れ、熟睡感が得られないまま目覚めてしまう。また、就寝前の電子機器の過度な使用や飲酒・喫煙・食事によっても、睡眠の質は落ちる。

スヌーズ機能の使用は、十代で習慣化するケースが多い。思春期は、夜更かしや朝寝坊をしたいという欲求が高まるため、概日リズムが乱れがちだ。

しかし、スヌーズボタンを押して布団から出る時間を数分遅らせたからといって、疲労回復をもたらす睡眠時間が増えて疲労回復につながるわけでは決してないのだ。むしろ、二度寝・三度寝は脳を混乱させ、眠気を誘発する神経化学物質をさらに多く分泌させる恐れもある。

Credit: pixabay

ベストなのは、やはり起きるべき時間に目覚まし時計をセットし、アラームが鳴ったら一度で起きることのようだ。「どうも目覚めがスッキリしないなー」という人は、今日からスヌーズボタンとおさらばしてみよう。

【睡眠診断】あなたの睡眠タイプはどれ?タイプ別・理想のスケジュールを伝授!

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE