life

「重い布団」でストレス解消? 加重布団の知られざるライフハック (3/3)

2021.01.27 Wednesday

2019.08.05 Monday

過重布団の効果を裏付けるサイエンス

圧力刺激の効果については、数々の科学調査が行われています。

生態学的に、身体がストレスを感じる時は交感神経系が活発に働きます。交感神経系は、ストレスホルモンやアドレナリンを分泌することで身体の代謝を抑制し、身体に準備態勢を取らせます。戦うか逃げるか反応も、交感神経系の働きがもたらす準備態勢の1つです。

交感神経系が長時間働きつづけた場合、疲弊や副腎疲労、慢性炎症が生じます。交感神経系の均衡を保っているのは、落ち着きや回復を制御する副交感神経系の働きです。この副交感神経系は、身体が回復する休息時に活発に働きます。

1枚目の画像
Credit: リズム727 / 写真AC

実は副交換神経系は、圧力刺激によって活性化することが科学的に証明されています。また、副交感神経系が他の神経衝撃やホルモン変動を制御する働きは、セロトニンの分泌によってさらに助けられるのです。

加重布団の使用がもたらす血圧や心拍数の減少は、ストレスや不安の減少に関連していることが科学的に証明されています。また、睡眠に障害を抱える人が、加重布団を使用することでより深く長い睡眠を手に入れられることも、別の調査で示されています。

さらには、加重布団は環境の刺激を適切に管理することが苦手な自閉症の人のセルフケアにも役立つようです。その感触と圧力によって、注意散漫が減り、落ち着きを取り戻すことができるのだとか。

「本当に効果があるのかな?」とまだ疑いを払拭できないあなたも、一度試してみてはどうでしょうか? 加重布団は、神経症、ストレス、不安といった悩みから開放してくれる救世主になるかもしれませんよ。

「何もしない」ライフハック 。オランダ発の“niksen” とは?

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

ライフスタイルのニュースlife news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!