子供を「いじめる側」にしてしまう親の特徴が明らかに

いじめ
いじめ / Credit:fau.edu

Point

■親の嘲笑的な教育により、子どものいじめリスクが急増することが判明

■しかもそうした子どもはいじめの加害者だけでなく、同時に被害者にもなることがある

■嘲笑的・批判的な親の態度により子どもの感情調節が機能不全に陥り、怒りのコントロールができなくなる

自分しか知らない情報によって感情の強さを見誤る、恐ろしい「自己中心性バイアス」とは

「つい冗談で」、子供をからかっていないだろうか?

アメリカなどの共同研究で、親の嘲笑・敵対・拒絶的な教育によって子どもの感情調節が機能不全に陥り、いじめの加害者になってしまうリスクが急増することが判明した。

しかもそうした子どもたちは、加害者だけでなく被害者となるリスクも高いようだ。

研究はアトランティック大学(米)、コンコーディア大学(カナダ)、ウプサラ大学(スウェーデン)の共同で行われた。詳細は5月24日付けで「Journal of Youth and Adolescence」上に掲載されている。

Derisive Parenting Fosters Dysregulated Anger in Adolescent Children and Subsequent Difficulties with Peers
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10964-019-01040-z

嘲笑的な教育で感情の調節不全に陥る

チームは思春期の男女1409人を対象に、七年生から九年生(13歳〜15歳)の3年間にわたって追跡調査を実施した。

その結果、いじめの加害者や同級生との不和を起こす生徒のほとんどの親が、子どもを頻繁に「からかう」など、冷笑的・敵対的に接していることがわかった。

Credit:pixabay

しかもその親の多くは、子どもが反発的・挑発的な態度を取っていないにも関わらず、精神・身体ともに攻撃的な態度を取っていたという。

親から批判や皮肉の言葉を日々受け続けた子どもたちは、感情的な機能不全に陥り、怒りのコントロールができなくなるのだ。

感情統制の障害は思春期の精神的健康にとって実に危険なもので、ネガティブな感情の悪循環を招く。

これが深刻化すると周囲への敵意が増長し、身体的・精神的な攻撃性を見せるようになり、人をいじめることでしか発散できなくなるのだ。

次ページいじめの加害者にも被害者にもなりうる

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE